More Nature More Nature
ハンガーにかけられたオーガニックのファッション

オーガニックなファッションとはどんな服装? 肌にやさしいオーガニック服について解説

shop

2020.10.19

ナチュラル系が好きな方の中で話題になっている、オーガニックのファッション。しかし、どのような服装なのかわからない方も多いことでしょう。

今回は、オーガニックファッションへの理解を深めていただくべく解説します。肌にも環境にもやさしいオーガニックスタイル、体験してみませんか。

オーガニックファッションの特徴

色とりどりのオーガニックファッションオーガニックファッションとは、どのような服装なのでしょうか。使われている素材や、メリットとデメリットをご説明します。

オーガニックファッションは有機栽培素材から作られる

オーガニックの衣類は、有機栽培した素材を使って作られます。「オーガニック=有機(の)」なのです。

では、さらに詳しく見ていきましょう。

有機栽培とは

有機栽培というのは、どのような栽培方法なのでしょうか。簡潔にまとめると、「化学的な農薬や肥料を使わず、遺伝子組換え技術も用いずに、自然界にあるものを生かして栽培する方法」です。

言葉にすると簡単そうに感じられますが、化学肥料や農薬を使わないということは、害虫の駆除や雑草の処理などに大変な労力を要します。さらに、有機栽培であることを認定機関に認められないと、「有機」「オーガニック」うたうことができません。

よく使われるのはオーガニックコットン

オーガニックファッションに使われるメジャーな素材は、コットン(綿)です。オーガニックコットンは、衣類のほかにもタオルやハンカチなどに使われています。ニットやガーゼももともとはコットン。

その他、オーガニックのウールやリネンを使用したファッションもあります。

オーガニックファッションのメリット

オーガニックファッションにはどのような利点があるのでしょうか。

肌にやさしくソフトな着用感

オーガニックのファッションは、化学繊維や化学物質が混ざっていないので、肌へのチクチク感など刺激が少なく着心地がいいのが特徴です。ただし、化学的なものを一部に使っている服もありますので、製品情報のチェックは忘れずに。

また、皮膚に絶対にトラブルが起きないというわけではありませんので、そこは念頭に置いておきましょう。

自然環境にも配慮したファッション

オーガニックのファッションが自然にやさしいというのは、一体どういうことなのでしょうか。

まず、原材料を育てる際に、土壌に悪いものを使っていないこと。そのため汚水が流れないので、土壌を繰り返し使えること(サスティナブル)。さらに、服を処分する際に有害物質が発生しにくいこと。

このように、自然に対する利点がたくさんあるのです。

オーガニックファッションのデメリット

では、オーガニックのファッションには、悪い点はないのでしょうか。1つだけご紹介します。

普通のファッションよりも割高

オーガニックファッションでは、原料の育成に手間ひまがかかっています。化学的な薬剤を使わない分、手作業で行う工程がより多くなるためです。

すると、化学繊維などを使った普通のファッションに比べて、必然的に値段が高くなってしまいます。

おすすめのオーガニックファッションブランド

オーガニックのファッションを取り扱うお店ここからは、オーガニックのファッションに興味を持った方に向けて、おすすめのオーガニックファッションブランドをお伝えしましょう。

People Tree(ピープルツリー)

オーガニックファッションというとシンプルな服装をイメージする方も多いでしょう。しかし、花柄やキャラクターとのコラボ商品などデザイン性のある服もたくさんラインナップ。さらに、カラーもさまざまで、見ているだけでも楽しめるファッションです。

メインはレディースファッションですが、メンズやベビー用の衣服も用意されています。家族でリンクコーデに身を包むのも素敵ですね。

People Tree(ピープルツリー)

MILFOIL(ミルフォイル)

ミルフォイルとはヨーロッパ原産のハーブの英名で、和名はセイヨウノコギリソウ。古くからお守りとして用いられてきたこのハーブのように、着る人や周りの人を癒やしたいという思いを込めて、着心地の良さを追求したオーガニックファッションブランドが誕生しました。

オーガニックのリネンを使用した、ワンピースやカットソー、ジャケットなどを展開。カラーの種類も多く、素敵なオーガニックのトータルコーディネートが完成します。

MILFOIL(ミルフォイル)

Organically(オーガ二カリー)

オーガ二カリーでは、地球環境や人々の健康に着目。化学薬品に汚染された衣類に対する恐怖感や危機感から、「特定非営利活動法人日本オーガニックコットン流通機構(NOC)」という機関に認められたオーガニックコットンを100%使用して製品づくりを行っています。

オーガニックコットンのナチュラルな風合いを生かしつつ、デザインにも凝ったアイテムを販売しています。ベビー用やメンズ向けもあり、ファミリーでオーガニックファッションを楽しめるでしょう。

Organically(オーガ二カリー)

nayuta(ナユタ)

天然のオーガニックコットンの状態を生かした商品づくりを行っているナユタ。

赤ちゃんや化学物質過敏症の方でも安心して使える、やさしいファッションアイテムを取り揃えています。生成りの本来の色合いを感じられる、癒やしのオーガニックファッションに身を包んでみませんか。

nayuta(ナユタ)

NADELL(ナデル)

ナデルはオーガニックコットンのやわらかな質感を生かしつつ、ファッション性にもこだわったブランド。てろんとしたゆったりめの服装を好む方におすすめです。

コロナ禍において需要が高まっている、オーガニックコットンを使用したマスクも販売されています。新製品も続々登場中で、今後も目が離せません。

NADELL(ナデル)

コトリワークス

布ナプキンの専門店、コトリワークスでは、女性の体のことを考えたオーガニックなどのナチュラルアイテムを製造しています。

衣類の商品点数は多くありませんが、オーガニックリネン100%製のブラウス、プルオーバーなど、お気に入りのファッションアイテムを見つけてみてください。(オーガニックではない商品もあるのでご注意を)

コトリワークス

nofl(ノフル)

日本オーガニックコットン協会(JOC)に加盟しているノフルでは、肌触りがよくなめらかな着心地のファッションアイテムが多数揃います。

夏にはタンクトップや半袖Tシャツ、冬にはハイネックのプルオーバー、またオールシーズン使えるワンピースなど、自然な質感を生かしつつ彩りも豊かなファッションを満喫できておすすめです。

nofl(ノフル)

オーガニックファッションで肌にも自然にもやさしい生活を

オーガニックのファッションを用いた女性オーガニックファッションにも、素敵なアイテムがたくさんありそうですね。オーガニックのファッション素材には、生産者たちの熱い思いが込められていますし、それぞれのファッションアイテムには、メーカーやブランドのこだわりが詰まっています。

オーガニックファッション初心者の方も、ぜひ今回の内容を参考に、オーガニックの衣服を身に着けてみてください。

参考:
【有機農業関連情報】トップ ~有機農業とは~(農林水産省)
有機食品の検査認証制度(農林水産省)

関連するキーワードで他の記事を探す
あわせて読みたい
RECOMMEND