More Nature More Nature
ボタニカルな素材と小瓶

ボタニカル系化粧品とは? オーガニックとどこが違うの? おすすめ商品を3選を紹介

body

2020.11.16

近年、化粧品や美容用品で「ボタニカル」という単語をよく目にするようになりました。

なんとなく肌に良さそうだから、という理由で使用している方もいらっしゃると思いますが、ボタニカル系化粧品とはいったいどういうものなのかご存知でしょうか?

ここでは、ボタニカル系化粧品についてやオーガニックとの違いを解説し、おすすめのボタニカル系化粧品もご紹介します。

ボタニカルの化粧品とは? オーガニックとどこが違うの?

様々なボタニカルコスメ

ボタニカル系化粧品と聞くと、なんとなく自然派で優しいイメージがありますよね。似たようなイメージを持ちやすい商品にオーガニック化粧品がありますが、ボタニカルとはどう違うのでしょうか?

まずはボタニカル系化粧品について、いったいどういう意味をもつのか、どういう位置づけの商品なのかを解説していきます。

ボタニカルの化粧品と普通の化粧品の違いとは?

「ボタニカル」とは日本語で「植物の」「植物から採った」という意味です。石油由来の成分や化学的に合成された成分から作られた普通の化粧品に対し、ボタニカル化粧品は、「ボタニカル」という言葉から、植物由来の成分が配合された化粧品ということになりますね。

植物由来成分やエキスが配合されている

ボタニカルの意味からわかるように、ボタニカルの化粧品とは植物由来成分やエキスが配合されています。しかし、ボタニカル成分に関しては明確な基準や定義は存在せず、含まれている植物由来成分の割合は問われません。

植物由来成分がほんのわずかで他の大部分が化学的な成分が使われていたとしても、ボタニカル系化粧品と名乗ることができてしまうのです。そのため、ボタニカル系化粧品を使用する際は、成分表示をよく確認する必要があります。

ボタニカルの化粧品とオーガニックの化粧品の違いとは?

ボタニカル系化粧品と混同されがちなのが、オーガニック化粧品。ボタニカルとオーガニックは、どちらも自然派でお肌に優しいイメージがありますよね。ボタニカル系化粧品とオーガニック化粧品について、違いを解説していきます。

オーガニックは有機栽培された植物由来の成分やエキスを使用している

オーガニックとは日本語で「有機の」という意味を持ち、有機栽培された素材が使われている化粧品をオーガニック化粧品と呼びます。対してボタニカル系化粧品は、植物から抽出された成分やエキスを使用しているものの、素材の栽培方法に決まりはありません。

ボタニカル系化粧品は広義の分類でオーガニック化粧品を含み、有機栽培された素材を使用しているものをオーガニック化粧品と分類するということです。

オーガニック認証の厳しい条件をクリアしている

海外では国や機関によって、土壌や水質に配慮し化学的な肥料や農薬を極力使わず育てた、遺伝子組み換えされていない作物を使用するなど、オーガニック認証を受けるためのさまざまな厳しい条件が存在しています。

それをクリアしたものがオーガニックと名乗ることができ、オーガニック認証マークを入れることができます。

日本にはコスメやヘアケア製品のオーガニック認証がない

一方で、日本にはコスメやヘアケア製品のオーガニック認証制度はありません。「有機JAS規格」という有機農業の規格はありますが、農産物・加工食品・畜産・飼料の、食品に関する作物のみの定義となっています。

オーガニック化粧品として認証マークが入り販売されているものは、大部分が海外で製造され認証を受けたものです。

ボタニカル系化粧品を使うメリットと注意点

オーガニックなコスメとメイクアップブラシ

ボタニカル系化粧品の定義はわかりましたが、ボタニカル系化粧品を使うといったいどんなメリットがあるのでしょうか?また、使用するうえでの注意点は?それぞれのポイントについて解説いたしますので、ボタニカル系化粧品を選ぶときの参考にしてくださいね。

ボタニカル系化粧品を使う2つのメリット

まずは、ボタニカル系化粧品を使うメリットについて、いくつかある理由のうちから2つご紹介いたします。

1. 天然由来成分を使用しているので肌への負担が少なめ

ボタニカル系化粧品は普通の化粧品と違い、天然由来成分を使用した化粧品です。植物から抽出された天然由来成分は、石油由来の成分や化学合成された成分と比べて、肌への刺激や負担が比較的少なめです。

天然由来成分の配合されている割合にもよりますが、化粧品の刺激で起こる肌トラブルの可能性が低くなるため、敏感肌の方でも使用できますね。

2. オーガニックよりも比較的安く購入できる

オーガニック化粧品は、素材や製法にこだわり手間暇をかけて作られているため、どうしても高価になりがち。また、大部分は海外から輸入されているため、輸送費や関税などのコストもかかってしまいます。

それに比べるとボタニカル系化粧品は、オーガニック化粧品と同じく天然由来成分が配合されていますが、比較的安く購入することができます。化粧品は日常的に使う消耗品ですから、お財布に優しいのは嬉しいですね。

ボタニカル系化粧品を購入する前に知っておきたい2つの注意点

お肌にもお財布にも優しいボタニカル系化粧品ですが、反対によくない点もあります。ボタニカル系化粧品を選ぶ際、気をつけたい2つの注意点について解説していきます。

1. アレルギー反応を起こしてしまうことがある

ボタニカル系化粧品は、天然由来成分を配合して作られお肌への刺激が比較的抑えられた化粧品です。しかし、天然由来成分を使用しているからこそ、植物アレルギーがある方は要注意。

使われている成分によっては、アレルギー反応を起こしてしまう可能性があります。ご自分のアレルゲンになる植物由来成分が使われているか確認するだけでなく、腕の内側などでパッチテストを行ってください。

お肌に異常が出てしまったら使用を中止し、すぐに医療機関へ相談してくださいね。

2. 配合率は商品によって違う

前述したとおり、ボタニカル系化粧品には基準や定義が存在していません。「ボタニカル」と名乗っていても、どれくらいの天然由来成分が配合されているかは商品によって違います。

中にはほんの少しだけ天然由来成分を使用し、90%以上が石油由来や化学合成された成分で作られているものも…。パッケージにボタニカルと表記されても、きちんと成分表を確認するようにしましょう!

ボタニカル系化粧品のおすすめ商品3選を紹介!

ボタニカルコスメセット

ボタニカル系化粧品のメリットや、使用上の注意は確認できました。それでも種類がたくさんあってわからない…という方に、おすすめのボタニカル系化粧品をご紹介いたします。

ボタニカル系化粧品を使ってみたいと思った方は、ぜひ選ぶ際の参考にしてみてください。

ナイス&クイック|ボタニカル高保湿化粧水

「ナイス&クイック」は、「毎日使うものだから、無添加でシンプルに。」のコンセプト通り、無添加のスキンケアやボディケア用品を開発しています。「ボタニカル高保湿化粧水」は石油系界面活性剤フリーやアルコールフリー、パラベンフリーなど8つの化学成分が無添加で敏感肌の方にもおすすめ。

オリーブから抽出した高純度スクワランを配合し、肌の奥まで浸透保湿。品質と価格にもこだわった、たっぷり使えるコスパの良さがお財布にも嬉しい化粧水です。

ナイス&クイック|ボタニカル高保湿化粧水

ピコモンテ|ボタニカル オールインワンゲル

「ピコモンテ」の「ボタニカル オールインワンゲル」は、なんと98%が天然由来成分でできています。13種類の植物由来成分配合で、これ1本で化粧水・乳液・クリーム・美容液の役割を果たしてくれて、忙しい毎日のスキンケアの時短にもなりますね。

もちろん石油系・アルコール系フリーで無着色。毎日使うものだからこそ、お肌のことを考え無添加で作られています。パウチタイプのパッケージなので収納もコンパクトで、使用後のゴミの量も少なく環境にもやさしいオールインワンゲルです。

ピコモンテ|ボタニカル オールインワンゲル

ナイーブ ボタニカル|ホットクレンジングバーム

オリーブの持つ力を利用した商品を開発する「ナイーブ ボタニカル」からは、「ホットクレンジングバーム」をご紹介します。お肌をじんわり温める温感クレンジングで、肌になじませるうちにオイル状に変化しメイクや毛穴汚れを溶かしてくれます。

選りすぐりのオリーブから保湿成分とひきしめ成分を抽出し配合しているので、洗い上がりは毛穴がキュッと、ひきしまったようなしっとり肌に。ダブル洗顔も不要で、毛穴ケアをしながらメイクオフと洗顔ができるクレンジングバームです。

ナイーブ ボタニカル|ホットクレンジングバーム

ボタニカル系化粧品をケアに加えてみよう!

オーガニック素材のバーム

植物から抽出した天然由来成分を配合したボタニカル系化粧品。成分によってはアレルギーを引き起こす方もいるかもしれませんし、配合されている天然由来成分の割合が極端に低く、ほとんど化学合成された成分の商品も存在するので注意が必要です。

しかし、ボタニカル系化粧品はお肌に優しく低刺激なものが多いので、敏感肌の方はぜひ毎日のケアに取り入れてみませんか?ご紹介したことを参考に、自分のお肌に合った商品を探してみてくださいね。

参考:
有機食品の検査認証制度(農林水産省)
オーガニックコスメの基準と考え方(日本オーガニックコスメ協会)

関連するキーワードで他の記事を探す
あわせて読みたい
RECOMMEND