More Nature More Nature
シャンプーに関わる雑誌と使われている材料

ボタニカルシャンプーとは? どんな成分が入っているの?

body

2020.05.27

植物に関連する言葉であるボタニカル、そのボタニカルでよく知られるボタニカルシャンプーとは一体どんなものなのでしょうか。

ボタニカルシャンプーに含まれる成分や性質、いくつかのおすすめボタニカルシャンプーをご紹介して参りましょう。

ボタニカルシャンプーとは? どんな成分が入っているの?

掌に湧いたシャボン玉ボタニカルシャンプーとは、どんなシャンプーなのかご存知ですか?

ボタニカルは、植物に関係する言葉であることはわかっても、どんなシャンプーをボタニカルシャンプーと位置付けするのかわからない、という方もいらっしゃるでしょう。

ボタニカルシャンプーは、ボタニカルが持つ「植物の」という意味から、植物の成分を含んだシャンプーのことを指します。

植物が持つ自然の力を利用したシャンプーであり、植物に含まれる栄養や成分によって髪を健やかにすることを目的としています。

そもそも「ボタニカル」ってどんな意味なの?

ボタニカルとは、「植物の」や「植物性の」といった、植物に関わるものを指す言葉です。英語では「Botanical」と表記し、シャンプーやトリートメントといったヘアケアやコスメに限らず、ボタニカルキャンドルなどのボタニカルインテリアや草花を使ったボタニカル柄など、植物との関係性があるさまざまなものに使うことができる言葉です。

最近では、ボタニカル系女子と言われるような、ボタニカルなライフスタイルをメインとした暮らしを求める方が増えています。

また、ボタニカルは、オーガニックなものというイメージを持つ方もいらっしゃいますが、「オーガニックなものとは限らない」ということも抑えておく必要があります。

ボタニカルシャンプー|植物由来成分配合のシャンプー

植物を取り入れたシャンプーであるボタニカルシャンプーは、100%植物から作られたものから、植物由来の成分やエキスが一部含まれたものまであり、全てが植物だけでできたものを指しているわけではありません。

シャンプーに1つでも植物由来のものが取り入れられていれば、ボタニカルシャンプーと表記することができますので、ボタニカルシャンプーを選ぶ際には、全体の成分を見ることが大切です。

ボタニカルシャンプーにはどんな成分が入っているの?

ボタニカルシャンプーは、植物由来の成分やエキスが含まれていることがベースであり、実際はそれぞれのシャンプーによって含まれている成分が違います。

「植物由来である」という共通点以外は、決まりはありませんが、ホホバ葉やダイズなど保湿力の高い成分が含まれていることが多いです。

またボタニカルシャンプーは、肌に優しくて良いものと思う方もいらっしゃいますが、植物由来の成分が含まれているだけで、その他の成分に化学薬品を使っているケースもあります。

ヘアケア商品でアレルギーを起こしやすい方は、ジアミンやパラベンへの注意や植物に対するアレルギー、その他の反応しやすい成分なども、使用前に調べておくことが大切です。

オーガニックシャンプーとはどこが違うの?

ボタニカルシャンプーは、「オーガニックなものとは限らない」とお伝えしましたが、ではボタニカルシャンプーとオーガニックシャンプーとでは、どのような違いがあるのかも併せて解説してまいります。

オーガニックには、「有機の」という意味があり、化学薬品を使用しないものや有機栽培したのものを指します。植物由来の商品を示すボタニカル商品は、全てがこの無農薬なものや化学薬品を使用しないものとは限りません。

さらにオーガニックは、「有機JAS認証」と言われる、オーガニック商品であることを証明するマークがついています。有機JAS認証は、JAS法に基づき、登録認定機関によって検査等を受けた商品のみが認定されたものです。

ボタニカルシャンプーの中にも有機JAS認証のついたオーガニックなものもありますが、全てのボタニカルシャンプーがオーガニックというわけではないので、オーガニックへのこだわりがある方は、マークを確認してから使用すると良いでしょう。

ノンシリコンシャンプー=ボタニカル?

オーガニック同様に勘違いしやすいのが、ノンシリコンシャンプーです。

ボタニカルシャンプーは、植物由来のシャンプーであるため、比較的化学薬品などを抑えたシャンプーが多く、シリコンを含まないノンシリコンシャンプーが多いのも特徴の一つです。

しかし、あくまでもボタニカルシャンプーは、植物由来のシャンプーであるというだけですので、シリコン入りのボタニカルシャンプーもあります。

また、シリコンは髪の毛に良くないというイメージもありますが、実際にシリコンは、髪の毛をコーティングする役割があり、外からのダメージやキューティクルを剥がれにくくするために使用されます。

化学薬品も含まれる成分それぞれの役割を把握することで、安心して使用することができるのではないでしょうか。

健やかな頭皮と髪の毛のために! おすすめの人気商品を紹介

洗われる子犬が見つめる先にはなにがボタニカルシャンプーがどんなものなのかをしっかりと把握したところで、お次はそんなボタニカルシャンプーを使用してみたいという方のために、おすすめのボタニカルシャンプーをご紹介しましょう。

植物の力を利用し、健やかな頭皮と髪の毛を保つための、おすすめ商品をご案内致します。

BOTANIST|ボタニカルシャンプー モイスト

甘草・サトウキビ・ダイズの3つの植物由来のボタニカルシャンプー、BOTANISTの「ボタニカルシャンプー モイスト」は、乾燥やダメージによるパサつく髪をしっかりと補修しながら、洗い上がりはしっとりとした、まとまりのある髪質に仕上げます。

髪の毛のみならず、地肌を健やかにしてくれる商品で、アプリコットとジャスミン、2種類をブレンドした華やかな香りの、毎日使いたくなるボタニカルシャンプーです。

Diane|ボタニカル シャンプー リフレッシュ&モイスト

ビルベリー葉エキスとアップルミントエキスの2つの保湿成分が配合したボタニカルシャンプー、Dianeの「ボタニカル シャンプー リフレッシュ&モイスト」は、爽快感のあるすっきりとしたシャンプーで、夏の汗をかきやすいシーズンにおすすめ。

洗浄力の高いオリーブエキスも配合し、すっきり汚れを洗い流しながら保湿もしてくれるボタニカルシャンプーで、他にもローズマリーやラベンダー、セージなど10種類のボタニカルエキスを配合し、ふんわり柔らかで潤いのある髪に仕上げてくれます。

QUATTRO BOTANICO|ボタニカルスカルプ & ヘアシャンプー(メンズ用)

メンズ用のボタニカルシャンプーも併せてご紹介しましょう。QUATTRO BOTANICOの「ボタニカルスカルプ & ヘアシャンプー(メンズ用)」は、男性特有のベタつきやニオイなどにアプローチしてくれるボタニカルシャンプーです。

レモングラスエキスやショウジエキスなど4種類のボタニカルエキス配合で、デリケートな頭皮を守りながら汚れを落とし、健やかな髪が生え続けてくれるよう男性の悩みに特化したシャンプーです。悩みのある方はぜひ試してみると良いでしょう。

KOSE|ビオリス ボタニカルシャンプー(ディープモイスト)

8種のオーガニック植物成分と、コールドプレス製法で抽出したホホバオイル配合のKOSE「ビオリス ボタニカルシャンプー(ディープモイスト)」は、乾燥しやすい髪にしっかりと潤いを与えながら、洗浄してくれるボタニカルシャンプーです。

カモミールやゼラニウム、レモン、オレンジ、クラリセージ、コニャックの6種類のエッセンシャルオイルも配合し、ピーチ&アップルのフルーティーな香りが心地よいおすすめのシャンプーとなっています。

LUX|プレミアム ボタニフィーク ダメージリペア シャンプー

100%アンデス産ピュアオーガニックオイルである、ボタニカルフラワーオイルを配合したボタニカルシャンプー、LUXの「プレミアム ボタニフィーク ダメージリペア シャンプー」は、しっとりとしたキメ細かな泡で、ダメージ補修をしながら洗い上げてくれるシャンプーです。

アンデスローズヒップオイルやダマスクローズエキスなど上質なエキスをたっぷりと配合し、髪のツヤを保ってくれるボタニカルシャンプーです。

ボタニカルシャンプーは植物由来成分配合のシャンプー

手に掴まれた商品植物由来の成分やエキスを配合したボタニカルシャンプー。大地から生まれた植物の力を利用し、髪を健やかに保ってくれるシャンプーです。ボタニカルの意味をしっかり理解することで、ボタニカルシャンプーにはどんなものが含まれているかも理解できたでしょう。

これからボタニカルシャンプーを使用したいと考えている方は、オーガニックなどとの違いも把握して、髪に合ったシャンプーを見つけてみて下さい。

参考:
有機農業関連情報(農林水産省)
有機食品の検査認証制度(農林水産省)

関連するキーワードで他の記事を探す
RECOMMEND