More Nature More Nature
リップを口に塗る若い女性

オーガニックのリップはどこが違うの? おすすめブランド6選!

body

2020.07.01

唇を色づけたり、乾燥による荒れから唇を守ってくれるなど、さまざまな役割があるリップ。中でも注目を集めているのが、オーガニックのリップです。

そのオーガニックのリップとは、普通のリップと一体どのような違いがあるのか、そしてオーガニックのリップにはどのような種類があるのかをご紹介致します。

オーガニックのリップはどこが違うの?

オーガニックなオイルとピンクのバラ

オーガニックのリップとは、有機栽培で育てた植物のエキスや成分を主成分とした、天然由来のリップです。石油由来成分を可能な限り使用せず、製造過程においても、化学的な方法を極力排除したものを指します。

普通のリップは、オーガニックのリップと違い、化学的な化合物が含まれていることがほとんどです。栽培から製造まで化学的なものを極力避けたものを、オーガニックのリップとしています。

オーガニック(有機栽培)とは?

オーガニックとは、いったいどのようなものであるかご存知ですか?オーガニックとは、「有機の」という意味を持つ言葉です。リップに対する「有機の」というこの言葉は、有機栽培を指しています。

有機栽培とは、有機肥料など有機的なものを土に使用し、有機物を餌とする微生物が植物へ栄養を与える栽培方法です。農薬や殺虫剤など化学的なものを一切使用せず、自然に育てた植物から成分を抽出し、リップに混ぜたものがオーガニックリップとなります。

ここで言われるオーガニックとは、有機栽培するまでではなく、製造過程にも規定があり、安全に消費者の手元に届くことが前提です。

日本にはコスメやヘアケア用品に関する基準がない

オーガニックのリップとして扱われるもののほとんどが、海外でのオーガニック認定マークを所有したリップです。

農産物や加工食品、畜産などに関しては、国で定められた日本のオーガニック認証「有機JAS」マークというものがあるものの、現在、日本ではオーガニックのリップを含む、オーガニックコスメに対する基準がありません。

JOCAとも呼ばれる、「一般社団法人 日本オーガニックコスメティック協会」と言われるオーガニックコスメを推奨する団体もありますが、この機関による決められた規定はありません。

そのため国産のオーガニック商品は、オーガニックコスメと普通のコスメとの線引きが難しい状態にあります。

オーガニックリップとは|口紅・グロス・リップクリームなど

オーガニックリップとは、天然由来の成分を主成分とした自然にも優しいリップです。保湿を目的とするリップクリームから、唇の発色を良くする口紅までさまざまです。

日本では、オーガニックのリップに関する規定がないことから、本物のオーガニックな商品を選ぶのがとても難しいとされています。しかし最近では、ヨーロッパなどで定められている、国際的なオーガニック認定を取得した日本のオーガニックのリップもたくさんあります。

海外からもオーガニックのリップがたくさん入ってきているため、海外のオーガニックマークの入ったリップもあります。安心できるオーガニックのリップを使用する場合には、オーガニック認証マークの有無をチェックしながら選んでみると良いでしょう。

主に天然由来成分や原料で作られている商品

唇は、皮膚が非常に薄く、身体の中でも非常にデリケートな部分となっているため、普通のリップによる荒れを起こす方も珍しくありません。

オーガニックのリップは、主に天然由来成分や原料で作られている商品であることから、普通のリップに含まれる化学的な成分で荒れやすい方にもおすすめです。

普通のリップとの違いは、主成分とするものにあります。オーガニックのリップは、極力化学的なものを取り除いたリップであるため、化学的なものの割合によって、オーガニックのリップであるか普通のリップであるかが分けられます。

オーガニックのリップを選ぶなら! おすすめブランドを紹介

化粧セットと2本のリップ

オーガニックのリップの基準やオーガニックの本来の意味を確認したところで、お次はオーガニックのリップを選ぶ場合のおすすめブランドをご紹介します。オーガニックのリップもそれぞれに含まれる成分が違いますので、詳しく説明いたします。

Jurlique(ジュリーク)

オーストラリアのオーガニックコスメブランド「Jurlique(ジュリーク)」は、オーガニック認証を受けた自社農園を所有し、自社で育った植物の成分を含んだコスメを取り扱うブランドです。

ジュリークのリップバームは、ダイズ油やホホバ種子油を配合し、唇の乾燥やヒビ割れを防いでくれるリップバームです。使いやすいチューブタイプで、配合される香料も植物由来のイランイランとブラックペッパーを使用したナチュラルなオーガニックのリップです。

ツヤ感のあるテクスチャーは、唇をしっとり滑らかに整え、リップグロスにもおすすめです。アレルギーテスト済みのコスメではありますが、アレルギー体質の方は、念のため自身の肌でのアレルギーチェックを行うことをおすすめします。

WELEDA(ヴェレダ)

100年近い歴史を持つ自然医薬品メーカーが手掛けたコスメブランド「ヴェレダ」は、スキンケアからボディケアまで、身体全身のトータルケアが望めるオーガニックブランドです。

植物の根幹を研究して作られたスキンケアコスメは、手に取りやすいリーズナブルな価格帯で販売されており、お値段に対するクオリティーの高さから、世界的にも愛されるオーガニックブランドとなっています。

ヴェレダのリップクリームは、ヒマワリ種子油やミツロウなどの天然保湿成分配合のリップです。この保湿成分が唇を保護するためのバリアを形成し、唇を乾燥から防いでくれます。

naturaglace(ナチュラグラッセ)

国産のオーガニックコスメブランドである「naturaglace(ナチュラグラッセ)」100%自然素材の原料にこだわるコスメブランドであり、メイクアップコスメを中心としたブランドです。

ナチュラグラッセのリップは、口紅やグロスなどのカラーリップがメインであり、中でもトリートメントリップオイルは、唇用美容液として使用することができます。

唇を潤すビタミンCが豊富な「ローズヒップ」と、唇の弾力とハリをサポートする「コラゲニアTM」を配合し、使うたびに美しい唇へと導く人気のリップオイルです。

AQUA AQUA(アクア・アクア)

同じく国産のオーガニックコスメブランドである「AQUA AQUA(アクア・アクア)」は、フルーツが持つ美容成分をたっぷりと含んだオーガニックコスメブランドです。

そんなアクア・アクアのリップは、コメヌカ油・オリーブ果実油・オレンジ油の3つの保湿成分を配合した色付きのリップです。

高保湿のリップクリームでありながらもルージュのような発色力を持ち、カラーリップとして使用できるリップです。普段のメイクにも取り入れることができる万能カラーリップクリームです。

THE PUBLIC ORGANIC(ザ パブリックオーガニック)

オーガニックヘアケアブランドで知られる「THE PUBLIC ORGANIC(ザ パブリックオーガニック)」から、フランスのオーガニック認証「ECOCERT」を取得したオイルリップが登場しました。

100%の天然石由来のリップは、ヒシマ油とレッドラズベリー油の成分を配合した、濃厚保湿なリップです。

リップのカラーは、「グレースフルピンク」・「ノーブルオレンジ」・「バーニングレッド」の3色展開で、肌馴染みも良く使いやすいカラーが揃います。また、カラーのない保湿用リップもございますので、合わせてチェックしてみて下さい。

ARGELAN(アルジェラン)

全国展開するドラッグストアで知られるマツモトキヨシから、オーガニックコスメラインが出ていることをご存知ですか?

このマツモトキヨシのオーガニックコスメ「ARGELAN(アルジェラン)」は、ヘアケアやスキンケア、ボディケアなどケア商品をメインとしたコスメブランドです。

気になるアルジェランのリップクリームは、口に入れることができる成分で作られた、身体に優しいリップクリームです。

無農薬植物油や天然ミツロウなどのフードグレード原料のみで作り、乾燥しやすいデリケートな唇を密着保湿し、ふっくりとした唇へと導きます。マツモトキヨシならではのリーズナブルな価格帯で、注目のオーガニックリップです。

お気に入りのオーガニックのリップを探して!

リップの色を確かめる女性の手

オーガニックのリップは、自然にも優しいコスメです。化学的な成分を極力排除したものであるため、化学薬品に反応しやすい敏感肌の方にもおすすめです。

こちらでは、オーガニックのリップと普通のリップの違いに加えて、おすすめなオーガニックのリップも併せてご紹介しましたので、オーガニックのリップを取り入れる際に是非参考にしてみて下さい。

参考:
オーガニック、有機の意味、無農薬との違い、有機農法、有機肥料(日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会)
【有機農業関連情報】トップ ~有機農業とは~(農林水産省)
有機農業・有機農産物とは(農林水産省)
有機食品の検査認証制度(農林水産省)
オーガニックコスメの基準と考え方(日本オーガニックコスメ協会)

関連するキーワードで他の記事を探す
あわせて読みたい
RECOMMEND