More Nature More Nature
オーガニックなアイメイクを施した女性

ヴィーガンコスメは普通のコスメとどこが違うの? おすすめブランド&商品3選を紹介!

life

2020.11.19

動物由来のものを避けるヴィーガンのための、コスメがあることをご存知ですか?

動物由来のものを避けるということは一体どのようなことなのか、そしてヴィーガンコスメを取り入れると、どんなメリットがあるのかを詳しく解説していきましょう。

ヴィーガンコスメとは?普通のコスメとどこが違うの?

ヴィーガンコスメ

ヴィーガン向けの商品の中には、ヴィーガンコスメと言われるコスメもあります。ヴィーガンコスメとは、普通のコスメとどんな違いがあるのでしょうか。

ヴィーガンの意味を確認しながら、ヴィーガンコスメの特徴を確認していきましょう。

ヴィーガンコスメは動物由来の成分を一切使わない!

ヴィーガンコスメの「ヴィーガン」とは、肉や魚、卵など動物由来のものを生活の中で取り入れない「完全菜食主義者」のことを指す言葉です。

コスメは、食品などと違って動物由来のものとは無関係なものと考える方もいらっしゃいますが、普通のコスメには、牛脂や動物性コラーゲンなどの動物由来の成分が含まれていることがあります。

またコスメの成分だけでなく、製造過程に置いても動物実験が行われるなど、コスメ製造には、動物が大きく関わっている事実があります。

そんな動物由来の成分の排除や製造過程での動物実験を行わないコスメが「ヴィーガンコスメ」です。

オーガニックコスメとはどこが違うの?

ヴィーガンコスメは、オーガニックコスメとよく混同されることがありますが、ヴィーガンとオーガニックでは、それぞれ使用許可のある成分などに違いがあります。

動物由来を含まないヴィーガンコスメに対して、オーガニックコスメは、化学成分を極力排除し、自然由来の成分、もしくは有機栽培した植物等の成分で作られたコスメのことです。

オーガニックには、有機栽培した植物を餌にした畜産物なども含まれており、動物由来の成分を含んではいけないという規定がありません。

逆にヴィーガンにも有機栽培した植物の成分である必要性や科学的な成分を含んではいけないという規定がないため、使用できる成分に大きな違いがあることが伺えます。

なぜおすすめ? ヴィーガンコスメのメリットとは

メイクアップブラシ

ヴィーガンコスメの特徴やオーガニックとの違いなどをチェックしたところで、ヴィーガンコスメを取り入れることのメリットについてご紹介します。

またデメリットについてもご紹介しますので、併せて確認していきましょう。

ヴィーガンの人が安心して使える

ヴィーガンのコスメは、動物に関わるものを排除して作られるコスメであるため、ヴィーガンの人が安心して使えるコスメということが大きなメリットです。

配合成分から製造過程において、動物が関わることがないものをヴィーガンと表すことができるため、ヴィーガンな方が手に取りやすいコスメであることが分かります。

動物実験をしていないコスメを使用できる

ヴィーガンな生活を送る方の中には、動物愛護の視点から取り入れる方が多いため、コスメを作り出すための過程の一つである動物実験を排除した「クルエルティーフリー(cruelty-free)」なコスメを求める方も多くいらっしゃいます。

動物実験をしていないことを表しているクルエルティーフリーは、ウサギのマークが目印になっています。国によってもさまざまなクルエルティーフリーマークがありますが、どれもウサギをモチーフにしたマークなため、身分けが付けやすいでしょう。

植物由来成分が多いため比較的肌にも優しい

ヴィーガンコスメは、動物由来の成分を使わずに作ったコスメとなっているため、植物由来成分を配合しているコスメが多いのが特徴です。

オーガニックのように化学成分が含まれていないというわけではありませんが、普通のコスメに比べて、お肌への刺激が少ないものが多いため、比較的肌にも優しいというメリットがあるのもポイントの一つです。

ヴィーガンコスメにもデメリットはある?|アレルギーに注意

植物由来の成分が多く含まれているヴィーガンコスメは、お肌への負担が少ない一方で、肌荒れなどの植物の成分に対するアレルギー反応を起こしてしまうという方もいらっしゃいます。

アレルギー体質の方や敏感肌でお肌が荒れやすいという方は、まず使用前にパッチテストを行うようにしましょう。

また、配合成分のチェックなどを購入前に行っておくのもおすすめです。
肌への刺激が少ないヴィーガンコスメですが、このようなデメリットがあるということも抑えておくことも大切です。

どう選ぶ? ヴィーガンコスメを選ぶ2つのコツ

ヴィーガンコスメとブラシ

ヴィーガンコスメは、成分や製造工程に動物由来の要素を取り入れていないことが特徴のコスメです。では、ヴィーガンコスメを取り入れたいと考えた時、どんなポイントを踏まえて選ぶべきか、選び方のポイントをご紹介しましょう。

1. ヴィーガンマークつきなら安心!

コスメの成分は、成分表示を見ても動物由来の成分であるか、そうでないか一目でわからないものもあります。そんな時にチェックしたいのが、ヴィーガンマークです。

ヴィーガンコスメの中には、ヴィーガンであることを表してマークを付けているものがあります。

イギリスの「Vegan Society(ヴィーガン協会)」や日本のNPO法人「Vege Project Japan(ベジ・プロジェクトジャパン)」などのヴィーガンを表す認証マークを付けた商品から選ぶと簡単にヴィーガン商品であることを見分けることができます。

2. ブランドで選ぶ

ヴィーガンコスメの中には、ヴィーガン専門商品を販売しているブランドもあります。ヴィーガンマークがないものでもヴィーガンならではの特徴を持っている商品もありますので、公式のオンラインサイトなどで成分表示や特徴を確認すると良いでしょう。

日本でも購入できる! ヴィーガンコスメブランドとおすすめ商品を紹介

様々なオーガニックコスメ

ヴィーガンコスメの特徴や選び方を確認したところで、最後に日本でも購入することができるおすすめのヴィーガンコスメブランドをご紹介します。それぞれのブランドの特徴とおすすめ商品をご紹介しますので、是非チェックして下さい。

Hurraw! Balm|Licorice

アメリカモンタナ州の小さな町で生まれたブランド「Hurraw! Balm(ハーロウ!バーム)」は、100%ナチュラル素材・100%ヴィーガン・100%フェアトレードの環境にもお肌にも優しいリップバームをメインとしたブランドです。

「Licorice(リコリス)」のリップバームは、サフラワーオイルやココナッツオイルなどの植物由来のオイルで潤いを与えながら、乾燥から唇を守ってくれます。無色タイプのリップバームなので、口紅のベースなどに塗ってあげるのもおすすめです。

Hurraw! Balm|Licorice

ZAO|レクタングルアイシャドー

「ZAO(ザオ)」は、ヴィーガンやオーガニック、クルエルティーフリーなど、5つの認証マークを取得した環境に優しいを追求したコスメブランドです。

ZAOの「レクタングルアイシャドー」は、20色ものカラーを好きに組み合わせてオリジナルのパレットを作り出すことができ、マットなものからパール感のあるものまで、季節に合わせたアイシャドーのセットを作ることができます。

ヴィーガン且つ、オーガニックなアイシャドーで自分だけのパレットを作ってみましょう。

ZAO|レクタングルアイシャドー

lavera|ミネラル コンパクトパウダー

ドイツ生まれのオーガニックコスメブランドである「lavera(ラヴェーラ)」のミネラル コンパクトパウダーは、素肌メイクからしっかりメイクまでさまざまなお肌に合うミネラルファンデーションです。

軽い質感でありながらもカバー力に優れており、肌の色を美しく仕上げてくれます。

余分な皮脂や汗などを吸収する性質を持っている「滑石」と呼ばれる鉱物を排除したタルクフリーなファンデーションとなっているので、乾燥肌の方にもおすすめのパウダーファンデーションです。

lavera|ミネラル コンパクトパウダー

Axiology|NATURAL ORGANIC リップスティック

アメリカ・カリフォルニア生まれのコスメブランド「Axiology (アキシオロジー)」は、動物由来成分を0%にしたヴィーガンなコスメで人気のブランドです。

嘘偽りのないコスメを追求したリップ専門のブランドとなっており、発色の良いカラーバリエーションで人気を集めています。

また、Axiologyのコスメは、ヴィーガンなだけでなく、オーガニック成分のみを使ったコスメとしても知られるブランドとなっているので、敏感肌の方にもおすすめのリップです。

Axiology|NATURAL ORGANIC リップスティック

ヴィーガンコスメでナチュラルなメイクを楽しもう!

ナチュラルメイク用のコスメ

ヴィーガンは、食品やサプリなど口にするもののイメージが強いという方もいらっしゃいますが、コスメにもヴィーガンの考え方を取り入れたものがたくさんあります。

ヴィーガンの方やヴィーガンの考え方を取り入れてみたいと考える方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

参考:
About the Vegan Trademark | The Vegan Society
ウサギを救え!化粧品の動物実験反対キャンペーン(NPO法人JAVA)

関連するキーワードで他の記事を探す
あわせて読みたい
RECOMMEND