More Nature More Nature
オーガニックのマニキュアを塗った女性

オーガニックのマニキュアと普通のマニキュアの違いとは? おすすめ商品2選を紹介!

life

2020.11.24

美しく爪を彩ってくれるマニキュア。しかし、爪が白くなったり、ボロボロになってしまったりした経験がある方も多いのではないでしょうか。

そんなあなたに、オーガニックのマニキュアをご提案します。オーガニックマニキュアの何がいいのかや選び方のポイントなどを解説するので、気になる方はぜひ最後までご覧ください。

オーガニックのマニキュアと普通のマニキュアはどこが違うの?

オーガニックのマニキュアを施した女性マニキュアは、薬局やデパート、インターネットなどさまざまな場所で販売されています。あなたが普段買っているマニキュアはオーガニックの商品でしょうか?一般的な市販のマニキュアとオーガニックマニキュアの違いについて、知識を身につけましょう。

原材料にオーガニック成分が使用されている

オーガニックのマニキュアと普通のマニキュアの違いは、オーガニック成分が入っているかどうかです。

オーガニックマニキュアには、オーガニック(有機栽培)成分が配合されています。オーガニックという言葉に、「有機(の)」という意味があるのです。

なお、有機栽培とは、化学肥料などの化学的物質を使用せず、自然界にある水や土壌などを生かして栽培する方法をいいます。

石油系成分や化学物質が配合されていない・比較的少なめ

一般のマニキュアは、色づけや色もちなどの目的で石油系などの化学物質が配合されています。しかし、オーガニックマニキュアは、化学的な成分を不使用もしくは極力使わずに作られているのです。

海外ブランドの場合|オーガニック認証基準をクリアしている

海外のメーカーやブランドから発売されているオーガニックマニキュアは、オーガニックの認証機関が定める厳しい認証基準をクリアした商品です。フランスの「エコサート」、ドイツの「デメター」、イギリスの「英国土壌協会(ソイルアソシエーション)」など、さまざまな有機認証団体が存在しています。

国産ブランドの場合|美容アイテムに関するオーガニック認証基準がない

日本のコスメブランドのマニキュアはどうなのでしょうか。実をいうと、日本では美容品の有機認証制度が整備されていません。そのため、国産のマニキュアでも、海外のオーガニック認証を受けた商品があります。

現状、日本で有機認証を行っているのは、農産物・加工食品・飼料・畜産物の食品に関係する4ジャンルのみなのです。

なぜおすすめ? オーガニックのマニキュアのメリットとは

オーガニックのマニキュアを比較する女性オーガニックのマニキュアに配合されている成分や、認証についてお伝えしました。では、このような特徴があることによる、オーガニックマニキュアの良い点とはどんなところなのでしょうか。

オーガニックのマニキュアのメリットとは?

オーガニックマニキュアのメリットを2つ解説します。

爪への負担が少なめ

化学物質を多く含む普通のマニキュアは、爪への負担が大きくなりがちです。爪が傷んで割れやすくなったという方もいることでしょう。

オーガニックのマニキュアは、化学成分が控えられているため、普通のマニキュアと比べると爪にかかる負担は少なめ。そのため、爪が傷みにくいのです。

海外ブランドのものは安全性も高めで安心

海外メーカーのオーガニックマニキュアは、信頼できる認証機関によって有機であることを認められているため、安心して使える安全品質です。コスメの安全性が気になる方は、海外ブランドのアイテムを選んでみてはいかがでしょうか。

オーガニックのマニキュアにも注意点やデメリットはある?

オーガニックマニキュアには、デメリットはないのでしょうか。気になる点を2つお伝えします。

オーガニックだからこそ、肌や爪が荒れることもある

オーガニックの成分とは、化学物質を使わずに育てた天然由来の成分です。敏感な方の中には、この天然成分に反応して爪や周りの皮膚が荒れてしまう方もいます。

気になる場合は、オーガニックマニキュアの本使用の前にパッチテストを行い、問題ないことがわかってから使い始めましょう。

自分の好きな色やタイプがないことも

オーガニックマニキュアを作るのは、原材料の栽培・選定や製造など手間がかかります。そのため、製造量や流通量は普通のマニキュアより非常に少ないです。

一般的なマニキュアは、カラーバリエーションが多く、ラメやシマーのようにキラキラしたタイプもあります。しかし、オーガニックマニキュアでは選択肢が限られ、自分の好みのタイプがないこともあるのです。

オーガニックのマニキュアを上手に選ぶ4つのポイント

ピンクのオーガニックのマニキュアオーガニックマニキュアを選ぶときは、どのような基準で選べばいいのでしょうか。4つのポイントを解説します。

1. 海外ブランドやメーカーは認証マークをチェックしよう

海外アイテムの場合、オーガニックの認証マークがあると一目でわかりやすいでしょう。前にお伝えしたエコサート・デメター・英国土壌協会など、認証機関ごとにオリジナルの有機認証マークがあります。購入の前に、マークの有無をチェックしてみましょう。

2. 成分表示をチェックしてオーガニック比率を確かめよう

どれぐらいの有機成分が含まれているかをチェックするのもいいでしょう。

オーガニックマニキュアだからといって、全ての成分がオーガニックとは限りません。より安全なアイテムを使いたいなら、オーガニック成分の配合率が高いものや、複数のオーガニック成分が含まれているものを選んでみてはいかがでしょうか。

3. 肌の色に合わせて選ぶ

肌のトーンに合わせてオーガニックマニキュアの色をセレクトする方法もあります。色が白い方はブルーなど寒色系のカラー、色黒の方はレッドやブラウンなど暖色系のカラーが映えるでしょう。

4. マニキュアのタイプで選ぶ|ラメ・パールなど

マニキュアの質感や仕上がりで選ぶのもOKです。ラメが入ったアイテムは、キラキラ光ってキレイであるほか、塗るのが苦手な方でもムラが出にくいというメリットもあります。

ツヤッとした透明感のあるシアー系はネイルの中級者さんに、ムラはできやすくても上品な仕上がりになるパール入りは上級者さんにおすすめです。

爪に美しい彩りを! オーガニックマニキュアおすすめ2選

オーガニックのマニキュア最後に、オーガニックマニキュアの具体的な商品を厳選してご紹介します。選ぶときの参考にしてみてください。

LOGONA(ロゴナ)|ナチュラルネイルカラー

ロゴナはドイツのオーガニックコスメブランド。ナチュラルネイルカラーは、ベルギーのNATRUEやドイツのBDIHといったオーガニック認証を受けている、世界初の有機マニキュアです。

ネイルアイテム独特の刺激臭を感じにくく、色素として使われているのも自然成分。カラー展開も5種類と豊富で、お好みの色合いをお選びいただけます。

LOGONA(ロゴナ)|ナチュラルネイルカラー

THREE(スリー)|ネイルポリッシュ

スリーは、イギリスの「英国土壌協会」などの海外オーガニック認定を受けた原材料を中心に、ナチュラルな成分を用いた製品づくりを行っている日本のコスメブランドです。

爪に負担をかけにくいネイルポリッシュには、やさしい色合いやパール入りなど全22種類のバリエーションがあります。寒色系から暖色系までそろっており、肌トーンを問わず選びやすいでしょう。

THREE(スリー)|ネイルポリッシュ

爪に優しいオーガニックマニキュアを使ってみよう!

オーガニックのマニキュアを塗る女性オーガニックのマニキュアは、原材料にこだわりを持っていることがわかりました。それぞれのメーカーが、厳選した有機原材料や成分を使い、独自の配合や製造方法で作り上げています。

メリットやデメリットも踏まえながら、オーガニックマニキュアの魅力に引かれた方は、ぜひ一度使用してみてください。安心して使えるオーガニックマニキュアで爪におしゃれを施せば、お出かけがますます楽しみになりそうですね。

関連するキーワードで他の記事を探す
あわせて読みたい
RECOMMEND