More Nature More Nature
瓶に入ったボタニカルのスキンケアクリーム

ボタニカル系スキンケアとは? オーガニックとはどこが違うの? おすすめ商品6選を紹介!

body

2020.12.22

スキンケアアイテムにはさまざまな商品がありますよね。近年「ボタニカル」という言葉を耳にする機会が増え、ボタニカルのスキンケアに興味を持っている方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はボタニカルスキンケアについてくわしく見ていきます。混同されやすい「オーガニック」との違いや、ボタニカルスキンケアの選び方もご紹介しましょう。

ボタニカル系スキンケアとは? 普通のものやオーガニックとの違いを解説!

オーガニックのフェイスクリーム
はじめに、ボタニカルのスキンケアとはどういうものなのかを解説します。普通のスキンケアやオーガニックとはどのように異なるのでしょうか。

ボタニカル系スキンケア|植物由来成分が配合されている

そもそも、「ボタニカル」とは「植物の」という意味です。普通のスキンケアは石油由来など化学的な成分で作られていますが、ボタニカル商品には植物由来の天然成分が配合されています。

比較的肌への刺激や負担が少ない

ボタニカルコスメの特徴としては、普通の化粧品と比べて比較的刺激が少ないことが挙げられます。低刺激のため肌への負担がおさえられ、敏感肌の方でも使いやすいというメリットがあるのです。

植物由来成分のためアレルギー反応がでることも

ボタニカルスキンケアのデメリットとしては、植物由来成分を配合しているため、アレルギー反応が出る場合があることが考えられます。アレルギー体質の方は、使う前にサンプルを試す、パッチテストをするなどして、自分が使っても問題ないかチェックしましょう。

オーガニックのスキンケアとはどこが違うの?

ボタニカルのスキンケアは、オーガニックのスキンケアと間違われやすいです。どちらも天然の植物成分が配合されていますが、大きな違いがあります。

オーガニックは原料の育て方にこだわりがあり、化学成分や遺伝子組換え技術など環境への負荷が心配されるものを極力排除して作られているのです。一方のボタニカルは、原材料の栽培方法については問われません。

オーガニックのスキンケアについて、くわしくは以下の記事をご覧ください。
オーガニックのスキンケア商品とは? おすすめブランド&商品を紹介

自分に合ったボタニカル系スキンケア商品を選ぶ5つのポイント

ボタニカルのスキンケアクリームと花数あるコスメの中から、自分に適したボタニカルのスキンケア商品を選ぶにはどうすればいいのでしょうか。

1. どんなボタニカル成分が含まれているかをチェックする

まず、ボタニカルスキンケアというからには、どんなボタニカル成分がどれくらい含まれているかをチェックするとよいでしょう。

実は、ボタニカルには明確な基準がなく、極端にいうと原材料の1%以下でも植物由来成分が含まれていれば、ボタニカルと謳えます。植物成分の名前がたくさんあるものや、配合率を明記しているものだと、比較的高濃度のボタニカル成分が入っていると期待できるでしょう。

パッチテストをしてみよう

自分に合ったボタニカルスキンケアを選ぶ際、アレルギー反応が気になる人やお肌の弱い人は、事前にパッチテストをすることをおすすめします。

2. 肌質に合わせて選ぼう

肌質に合わせて選ぶことも大切です。乾燥肌ならしっとり系、脂性肌ならさっぱり系など、使用感や商品の特徴をチェックすると安心ですね。

3. ライン使いしてみよう

同じシリーズのボタニカルスキンケア商品を使うのもおすすめです。シリーズ商品はアイテム同士の相性を考えて作ってあるので、ライン使いすることにより期待する効果を得られやすいでしょう。

4. サンプルやトライアルセットから始めてみよう

サンプルやトライアルセットがある商品は、お試しで使ってみて、よければ現品に切り替えるという方法もあります。

5. 1ヶ月は使い続けてみよう|ターンオーバーに合わせる

お肌の生まれ変わりを意味する「ターンオーバー」という言葉があります。ターンオーバーはおおむね1ヶ月周期(28日前後)なので、1ヶ月間は同じボタニカルスキンケアを使い続けてみましょう。

ただし、異常が現れた場合、無理に続けるのはよくありません。症状によっては、皮膚科などを受診することも考えましょう。

ボタニカル成分配合! おすすめの商品6選を紹介

ボタニカルのクリーム
最後に、おすすめのボタニカル系スキンケア商品6品をご提案します。あなたに合うスキンケアが見つかるといいですね。

クレンジング|ナイーブ ボタニカル ホットクレンジングバーム

ボタニカル商品でありながら、オーガニックのオリーブ果実油も配合している贅沢なクレンジング。温感ジェルで毛穴や皮脂の汚れを浮き上がらせます。肌へのなじみ良く、よく伸びて汚れやメイクをすっきり落としてくれるでしょう。

動物由来原料や合成香料、着色料などを使用しておらず、安全性が気になる方も安心です。

クレンジング|ナイーブ ボタニカル ホットクレンジングバーム

洗顔|ボタニカルエステ ボタニカル クレイソープ

ローズマリーやセージなどたっぷり20種類のボタニカル成分を配合した、クリーミーで豊かな酵素泡の洗顔石けん。角栓や角質、ざらつきなどの邪魔なものをするりと落として、化粧水の浸透をサポートします。

洗顔|ボタニカルエステ ボタニカル クレイソープ

化粧水|ボタニカルファースト 高保湿化粧水

ペタッとした使用感でうるおいを保ってくれる、乾燥肌の方におすすめのボタニカル化粧水。オーガニック成分も配合されています。

大容量で高コスパなので、遠慮せずたっぷり使ってみてください。

化粧水|ボタニカルファースト 高保湿化粧水

乳液|フリープラス モイストケアエマルジョン2

タイソウやチンピなどの和漢植物成分を配合したボタニカル乳液。さっぱりタイプのフリープラス モイストケアエマルジョン1としっとりタイプのフリープラス モイストケアエマルジョン2があり、肌質や好みの使用感に合わせて選べます。

肌の表面に「うるおいヴェール」をまとわせて、なめらかでキメ細かな肌へと導いてくれるでしょう。

乳液|フリープラス モイストケアエマルジョン2

美容液|アヤナス エッセンス コンセントレート

敏感肌の方向けエイジングケア商品シリーズのボタニカル美容液。シモツケソウエキスやオタネニンジンエキスなどの植物由来成分が含まれています。

加齢によるゆらぎ肌やごわつき肌をケアしつつ、ハリや弾力のあるツヤ美肌を目指せるでしょう。

美容液|アヤナス エッセンス コンセントレート

バーム|ジュリーク ラブバーム ローズ 15mL

ジュリーク はオーストラリアのオーガニックコスメブランドとして老舗ブランド。オーストラリアのNASAAというバイオダイナミック無農薬有機農法認証をクリアした農園から生まれたスキンケアバームは、オリーブ果実油やサフラワー油などの成分を配合しています。

顔にもボディにも爪にも使えるマルチアイテム。いつでも手軽に保湿ケアできるので、常にバッグやポケットに忍ばせておきたいですね。

バーム|ジュリーク ラブバーム ローズ

ボタニカルのスキンケアで健やかな素肌を目指そう!

ボタニカルのスキンケアをイメージしている女性ボタニカルスキンケアについて、理解は深められましたか?ナチュラル派の方でも使いやすい天然成分を配合していて、ますます興味が高まったことでしょう。

植物成分がふんだんに使われた安心のスキンケアアイテムで、みずみずしくなめらかな美肌を手に入れたいですね。あなたにぴったりのボタニカルスキンケア商品に出会えるよう願っています。

関連するキーワードで他の記事を探す
RECOMMEND