More Nature More Nature
バラ園

ローズラボはどんなブランド? オーガニックコスメはある? おすすめ商品8選を紹介!

body

2021.04.14

アンテナの高い女性たちから支持されている、ローズラボという化粧品ブランドがあります。女性のハートをくすぐる可愛らしいアイテムが揃っており、ぜひ多くの方にチェックしてほしいブランドです。

今回は、ローズラボというブランドに焦点を当て、ブランド情報や取り扱い商品をくわしくお伝えします。今までローズラボのことをよく知らなかった方も、最後までしっかりチェックしてみてくださいね。

ROSE LABO(ローズラボ)ってどんなブランド?

白いバラ
引用元:ROSE LABO公式ページ

はじめに、ローズラボとはどんなコスメブランドなのかについて解説します。あわせて、オーガニックかどうかも確認してみましょう。

食べられるバラをコスメにも

ローズラボは、埼玉県深谷市のビニールハウスで自分たちで栽培したバラを使い、製品づくりを行っています。丹精込めて生産されるバラは、なんと食べられるバラ。食用にできるバラを活かして、化粧品や食品を製造しているのです。

コスメの取り扱い分野は、スキンケア・ボディケア・フレグランス・メイクアップと多岐にわたります。

ローズラボで使われているバラはオーガニック?

そもそも、オーガニックとはどのような意味なのかということに触れておきます。

オーガニックは「有機栽培」や「有機栽培された生産物」などを示す言葉。有機栽培とは、化学肥料や化学的な農薬、遺伝子組換え技術を使わず、環境への負荷をなるべく抑えて育てることです。

ローズラボのバラは、オーガニックではありません。しかし、虫や病気が発生しやすく農薬を使わないと育てるのが難しいとされるバラを、農薬不使用で丁寧に育てています。

第三者機関の検査でも「農薬不検出」という結果を得ており、安心して口にできるバラなのです。

なお、ローズラボの商品の中には、原材料の一部にオーガニック成分を使用しているものもあります。

5つのフリー成分を設定してよりナチュラルに

ローズラボのコスメは、全シリーズ共通で5つのフリー成分が設定されています。

  • 鉱物油(保存力アップ、色落ちしにくい):色素沈着の恐れあり
  • タール系色素(着色料):発がん性の恐れあり
  • パラベン(防腐剤):接触性皮膚炎の恐れあり
  • 石油系合成界面活性剤(保湿剤):アレルギーを引き起こす、たんぱく質を壊す恐れあり
  • 紫外線吸収剤(UVカット):かぶれや湿疹などの恐れあり

美容成分豊富なバラで女性ホルモンへアプローチ!

ローズラボでは、より良い品質の商品を生産するために努力を惜しみません。その一環として、産婦人科医をアドバイザーに迎え、女性ホルモンに働きかける商品開発が行われています。

見た目に美しく、中身も美容成分豊富と、女性にぴったりの花であるバラを生かし、今後も素晴らしい商品が数多く誕生していくことでしょう。

ローズラボのおすすめ商品8選を紹介!

赤いバラ
引用元:ROSE LABO公式ページ

ローズラボのアイテムの中から、特におすすめしたい8商品をピックアップしました。

ナチュラルオフバームR

食用バラなど天然由来成分を93%配合した、肌にやさしいクレンジング。洗浄成分が肌になじみ、メイク汚れをするりとオフ。W洗顔不要で、毛穴の詰まりや角質もケアできます。

もちろん、自社栽培している食べられるバラ「24」の成分もたっぷり。肌に弾力やうるおいを与え、女性らしさに磨きをかけてくれるでしょう。バラの成分以外にも、ハリやうるおいをサポートするローズヒップ油、ホホバ種子油、アルガンオイルなどを贅沢に配合。リッチなスキンケアが行えます。

ナチュラルオフバームR

ローズマルチミスト

★ピックアップ商品
化粧水と美容オイルの2層式ローション。乾燥しがちな肌も、うるおいを与えて閉じ込めることでみずみずしくハリツヤのある肌へ。

成分のなんと99%以上が天然由来で、敏感肌や自然派の方にもおすすめです。ポリフェノールやビタミンCたっぷりのローズエキスの力で、エイジングケアも叶えてくれるでしょう。

ローズマルチミスト

ローズフェイスクリーム

肌をなめらかに整えるローズウォーターやローズエキスをふんだんに配合したフェイスクリーム。もっちりと弾力のある肌に導いてくれる、シア油・オリーブ果実油・ハチミツも入っています。

ブドウ果実細胞の力でシミやそばかすも防ぎ、くすみ知らずの透明感あふれる肌を目指せるでしょう。

ローズフェイスクリーム

ローズリップ美容液

試作を重ねて開発に2年の歳月をかけたという、天然成分100%の唇専用美容液。ローズの花水や花エキス、ヒアルロン酸Na、ハチミツと、カサカサになりがちな唇をしっとりふっくらさせる成分をバランス良く配合しています。

化粧をする女性が一生のうちに食べてしまうリップクリームの数は、約10本分という説も。ローズラボのローズリップ美容液は、口に含んでしまっても体に悪い影響のない唇ケア商品を、という思いを込められて作られています。

ローズリップ美容液

ローズバリアスプレー

コロナ禍で需要が高まっているハンドスプレーも、ローズ成分を使用して開発。

サトウキビ由来のエタノールは、消毒用エタノールの代替品として、手指の消毒に役立ちます。使い心地良く、清潔にリフレッシュできるでしょう。アルコールが苦手な方でも使えるように、天然由来成分100%で製造。

さらに、ラベンダー油、ベルガモット果実油などのオーガニック精油を配合しており、使用後も癒やされます。手指の消毒だけでなく、マスクや衣類、寝具にも使用OK。

ローズバリアスプレー

ローズロールオンパフューム

古来よりクレオパトラなど、多くの人、特に女性たちを魅了してきたバラを用いた香水。バラの香りには、リラックス作用やストレス軽減効果があるといわれています。

また、幸せホルモンといわれる「オキシトシン」の活性化にも貢献。女性を美しさに磨きをかけるバラの香りをまとえば、内面からビューティーさをあふれさせられるでしょう。

食用バラ「24」の花びらをふんだんに使用して調香しています。まるで花束に顔をうずめているような贅沢な香り。フレッシュな爽快感を感じられます。

ローズロールオンパフューム

ローズリップグロス

肌に負担をかけるコスメが苦手な方も多いはず。しかし、「自然派コスメは肌にやさしいけど、ノリや持ち、発色がイマイチ」と感じているかもしれません。

そこで、ローズラボは人気ヘア&メイクアップアーティスト・木部明美さんとコラボ。ローズラボの技術と木部氏の知識や長年の経験を融合させた、「自然派×機能性」のコスメ第1弾として誕生しました。

つけている間中ふっくらプルプルの唇を持続させるアイテム。こっくりとしたテクスチャーながら、唇の縦じわを目立たなくさせるラメ処方。華やかなバラの香りがやさしく鼻腔をくすぐります。

ブルベでもイエベでも似合い、肌の美しさを際立たせてくれる3色展開。1日中、笑顔で過ごせる、ローズラボ唯一のメイクアップコスメです。

ローズリップグロス

ローズボディミルク

伸び良く肌になじむテクスチャのボディミルク。シアバターやホホバオイルなどのオーガニックオイルをブレンドし、うるおいを保護しつつやわらかなモチ肌へと導きます。

ケア後もバラのフレグランスをまとっているようなゴージャスな香りと心地良さで、存分に癒やされるでしょう。公式サイトでは売り上げ5位の人気商品です。

ローズボディミルク

ローズラボのコスメでバラの力を取り入れよう!

バラの乗ったロールケーキ
引用元:ROSE LABO公式ページ
ローズラボは、魅力にあふれたコスメブランドであることが伝わったでしょうか。原料のバラの栽培から商品の製造・販売まで一貫して自社で行い、無農薬栽培や添加物フリーなどにもこだわっています。

さらに、ローズラボのスタッフの9割が女性なので、コスメを使う女性の視点に立った、女性の輝きをランクアップさせてくれる商品が揃っています。女性らしさに磨きをかけたい方は、ぜひローズラボのコスメを使ってみてはいかがでしょうか。

関連するキーワードで他の記事を探す
あわせて読みたい
RECOMMEND