More Nature More Nature
具が少ないラーメン

オーガニックラーメンは普通のものと何が違うの? おすすめ商品2選を紹介!

eat

2021.05.18

世の中、ラーメン好きの方は多いですよね。地域やお店によってさまざまなタイプのラーメンがあるので、休みの日にラーメン店巡りをしている方もいるはず。

もはや日本のソウルフードともいえるラーメンの中で、今回はオーガニックのラーメンに着目しました。オーガニックラーメンと普通のラーメンとの違いや特色、選び方などを詳しくお伝えします。自宅で食べられるお取り寄せ商品もご案内しますね。

オーガニックラーメンは普通のものと何が違うの?

オーガニックな醤油ラーメン

オーガニックラーメンとはどんなラーメンなのでしょうか。一般的なラーメンと比較しながら解説します。

有機栽培された原料を使用している|小麦・食塩・スープなど

オーガニックのラーメンは、普通のラーメンに入っていない、有機栽培された原料を使って作られています。「オーガニック」と「有機」は同じ意味なのです。

有機栽培は「有機農業」とも呼ばれ、自然界にある太陽光・水・空気・土壌の力を生かして生産すること。化学的な肥料や農薬を使わず、動物のフンや野菜・果物のカスなどを肥料にしたり、手作業で雑草を抜いたりと、手間ひまをかけながら丁寧に育てます。

つまり、オーガニックラーメンに使われる麺、食塩、スープなどの原材料は、生産者が手塩にかけて育てたこだわりの素材なのです。(※全ての原材料がオーガニックとは限りません)

オーガニックは化学の力を使わないので、生物の多様性や生態系のスムーズな循環、土・水・空気の汚れにくさなど、生物や環境を保護することにもつながります。

オーガニック以外のこだわりも|ヴィーガン対応など

普通のラーメンは、麺の原料にもこだわりがないことが多く、スープには化学調味料が使われている商品が一般的です。

一方、オーガニックラーメンは、化学調味料無添加だけでなく動物由来の原料を使用しないヴィーガン対応などのこだわりがある商品もあります。オーガニックラーメンを選ぶときには、オーガニック以外のこだわりポイントにも注目してみましょう。

オーガニック認証基準をクリアして販売されている|有機JAS

普通のラーメンとは違って、オーガニックラーメンは、オーガニックの認証基準をクリアした上で販売されています。

日本には、農産物・加工食品・飼料・畜産物の4ジャンルに対して「有機JAS」というオーガニックの規格が存在。ラーメンは加工食品に当たり、原材料が有機栽培されていること以外に、加工の過程でも化学的なものを使っていないなど厳しいチェック項目があります。

有機JASの高い基準を満たしていることを認められた商品にのみ、「有機JASマーク」をつけてオーガニックラーメンとして販売することが許可されるのです。

オーガニックラーメンのメリット・デメリットを解説!

具だくさんのラーメン
ここからは、オーガニックラーメンのメリット・デメリットについて解説しましょう。

メリット|安全性が高めで安心して食べられる

まず、オーガニックラーメンの良い点をご紹介します。

すでにお伝えしたように、オーガニックラーメンはこだわって作られ、厳しい認証基準をクリアしている商品です。そのため、添加物や化学成分など食の安全性が気になる方も、比較的安心して食べられるでしょう。

デメリット|価格が高め&種類が少ない

では、オーガニックラーメンのマイナス点はどんなところなのでしょうか。

1つめは、作り方にこだわりがあるため、価格が高めであるという点です。たとえば、あるショッピングサイトでは、普通のラーメンとオーガニックラーメンの1食分の価格に2~3倍の差がありました。

少々高いと感じるかもしれませんが、「商品とともに安心を買う」という気持ちで、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

また、同じサイトで検索しても、オーガニックラーメンは一般的なラーメンよりも圧倒的に種類が少なく、選択肢が限られます。近年は世間でもオーガニック志向が高まっているので、今後もっと商品が増えることを期待したいですね。

オーガニックラーメンの選び方のポイントを解説

美味しそうな味噌ラーメン
つづいては、オーガニックラーメンの選び方のポイントをチェックしてみましょう。

1. 有機認証マークをチェック

有機JASマークのような有機認証マークがついているラーメンは、きちんとオーガニックとして認められていることが明らかなので、選ぶときにはマークの有無を確認すると安心です。

2. 味で選ぶ

ラーメンを選ぶなら、やはり好きな味であることは重要。醤油味、味噌味、とんこつ味、塩味など、お好みの味で選びましょう。

オーガニックラーメンに多い「ノンフライ麺」とは?

インスタントラーメンの乾燥方法には、大きく分けて「油揚げ麺」と「ノンフライ麺」があります。油揚げ麺は、文字どおり麺を油で揚げて水分を飛ばしたもの。ノンフライ麺は、熱風で乾燥させています。

油揚げ麺のほうが短時間で乾燥させることができ、私たちが食べるときの調理時間も短くて済みます。しかし、油のカロリーや脂肪の酸化が気になる方もいることでしょう。

オーガニックのラーメンは体に気遣った商品が多く、ノンフライ麺のタイプがよく見られます。油揚げ麺よりもノンフライ麺のほうが製造に手間がかかりますが、不要な油をカットできます。さらに、麺の中に水分が残っており、より生麺に近いシコシコとした食感を感じられるのも特徴です。

おすすめのオーガニックラーメン2選を紹介!

汁無ラーメン
オーガニックラーメンの特徴や選び方がわかったところで、おすすめのオーガニックラーメンを2品厳選してご紹介しましょう。

創健社|有機ノンフライ醤油ラーメン

北アメリカ産の有機小麦粉で作った麺、有機醤油や有機にんにくに豚や鶏などの旨みを加えた特製スープなど、こだわりが詰まったオーガニックの醤油ラーメン。麺を蒸してから乾燥させたノンフライ麺なので、生麺に似たコシのある食感をお楽しみいただけます。

ねぎやチャーシュー、煮玉子などお好みの具をトッピングすると、さらにおいしく召し上がれるでしょう。

桜井食品|有機育ち みそラーメン

国産の有機小麦を使った麺が自慢のオーガニックラーメン。国産の有機味噌をメインに、有機醤油、有期酵母エキスパウダー、有機ココヤシシュガーなどをブレンドし、コク深い味わいを堪能できる味噌味です。

オーガニックでありながら、肉や魚介類など動物性食材を使用していないヴィーガン対応ラーメンでもあります。ベジタリアンの方も安心してお召し上がりいただけるでしょう。

オーガニックラーメンを食卓に取り入れてみよう!

健康的なラーメン
オーガニックラーメンのこだわりについて理解が深められたのではないでしょうか。麺の原材料はもちろんのこと、スープや製造工程などにも細かい配慮がなされていることがわかりましたね。

オーガニックに興味がある方は、ぜひ一度オーガニックラーメンを召し上がってみてください。今回の記事をきっかけに、あなたが気に入る商品と出会えることを願っています。

参考:
有機食品の検査認証制度(農林水産省)
めんの種類(一般社団法人 日本即席食品工業協会)

関連するキーワードで他の記事を探す
あわせて読みたい
RECOMMEND