More Nature More Nature
りんごとオーガニックのピーナッツバター

オーガニックのピーナッツバターとは? 無添加とはどこが違うの? おすすめの商品3選を紹介!

eat

2020.12.14

朝ごはんのトーストだけでなく、料理やお菓子作りにも使えるピーナッツバター。栄養価が高く子どもたちにも人気なので、常備しているご家庭も多いのではないでしょうか。

さまざまな商品が販売されていますが、健康に気遣う人たちを中心に人気なのがオーガニックのピーナッツバターです。

しかし、オーガニックのピーナッツバターとは一体どのようなものなのでしょうか。このページでは、オーガニックのピーナッツバターについて詳しくお伝えします。おすすめの商品も後半で紹介しますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

オーガニックのピーナッツバターとは? 普通のものや無添加とはどこが違うの?

オーガニックのピーナッツバターオーガニックのピーナッツバターがどのようなものなのかを解説していきます。また、普通のピーナッツバターとの違いについても、併せて触れていきましょう。

オーガニックのピーナッツバターは有機栽培のピーナッツから作られている

普通のピーナッツバターとは異なり、有機栽培で育てられたピーナッツから作られているのがオーガニックのピーナッツバターです。

有機ピーナッツとは、有機栽培で育てられたピーナッツのこと。化学農薬・化学肥料・遺伝子組み換え技術などを使用せず、自然の力を生かした栽培方法のことを有機栽培といいます。

有機認証基準をクリアしている|有機JASなど

オーガニックのピーナッツバターは、有機認証基準をクリアしています。たとえば、日本には有機JASと呼ばれる制度があり、化学農薬や化学肥料に頼らないなどの厳しい基準を満たし、登録認証機関で認証された事業者にだけ有機JASマークが付与されます。

無添加のピーナッツバターとはどこが違うの?

前述したとおり、オーガニックのピーナッツバターは有機栽培のピーナッツで作られたピーナッツバターです。

一方、無添加のピーナッツバターとは、余計な添加物が加えられていない商品のこと。原材料の産地から食品が完成する全ての工程で、食品添加物が使われていません。

しかし、実際には食品添加物が使われているにもかかわらず、ある特定の添加物を使っていないという理由で「無添加」と謳って販売されている食品も存在します。そのため、無添加のピーナッツバターを購入する際は、パッケージをチェックするようにしましょう。

オーガニックのピーナッツバターの中には、添加物不使用のものも販売されています。食品添加物が気になる方は、添加物フリーの商品を探してみてくださいね。

なぜ人気? オーガニックのピーナッツバターをおすすめしたい理由とは

スプーンにのったオーガニックのピーナッツバターつづきまして、オーガニックのピーナッツバターをおすすめする理由を解説していきます。

1. 安全性が比較的高いので安心して食べられる!

先ほどお伝えしたとおり、オーガニックのピーナッツバターは厳格な認証基準をクリアした商品です。そのため、比較的安心して口に入れることができるでしょう。

2. 地球環境の保全にも協力できる!

実は、有機栽培は環境保全に貢献している栽培方法でもあります。化学成分を使わず土壌に負担をかけないなど、なるべく環境にやさしい方法で作物を育てているため、オーガニックのピーナッツバターをはじめとするオーガニック製品を選択することで、環境保全にも協力できます。

オーガニックのピーナッツバターのデメリットは?|少し値段が高めなのがネック

前述したとおり、オーガニックのピーナッツバターは有機栽培したピーナッツから作られています。手間ひまかけて育てられたこだわりの材料で製造しているため、普通のピーナッツバターと比較すると、値段が少し高めの傾向にあります。

どう選ぶ? オーガニックのピーナッツバターを選ぶ3つのポイント

オーガニックのピーナッツバターと果物オーガニックのピーナッツバターは、安心して摂取できる商品であること、また選択することで環境負荷を低減させる取り組みにもつながることがわかりました。

では次に、買って良かったと思える商品を選択するために、選び方のポイントを3つ紹介しましょう。

1. ピーナッツの含有量で選ぶ

ピーナッツバターにはピーナッツ以外全く、あるいは殆ど入らない無添加タイプと、味付けの目的やペーストにするため砂糖や塩などで調整されたタイプが販売されています。それぞれの特徴について次で見ていきましょう。

無添加タイプ|ピーナッツ100%

無添加のオーガニックのピーナッツバターは、有機栽培されたピーナッツだけで作られています。砂糖や塩などの調味料が入っていないので、ピーナッツそのものの味を堪能することができるでしょう。

※微妙に砂糖などで調整しているものも、無添加として売られているケースがありますので、成分表を見てみましょう。

トーストに塗るだけでなく、ドレッシングやソースの材料に使いたい場合にもおすすめです。

砂糖や塩で調整されているタイプ

砂糖や塩が加えられて作られている、オーガニックのピーナッツバターも販売されています。味つけとして少し大人向けだったり、より子ども受けしやすいように甘めに調整されているものもあり、ペーストしやすいものが多いのもこのタイプ。

ハチミツやメープルシロップと混ぜ合わせることで、甘さと塩味が組み合わさった美味しいペーストを作ることもできます。

2. 食感で選ぶ|スムース・クランチ

食感で選択するのも良いですね。オーガニックのピーナッツバターには、以下の2つの食感を楽しめる商品が販売されています。

  1. スムースタイプ
  2. クランチタイプ

では、次で詳しく触れていきましょう。

スムースタイプ

スムースタイプの商品は、なめらかで口当たりが良いのが特徴。お子さんがいる場合は、スムースタイプの方が食べやすいでしょう。

トーストやバゲットなど、どのようなパンにも塗りやすいです。また、味噌と一緒に炒め料理に使ったり、白和えに混ぜたりするのもおすすめ。

クランチタイプ

なめらかさよりもピーナッツの粒感を楽しみたい方は、クランチタイプのものを購入すると良いでしょう。ピーナッツの食感を味わうことができるので、食べ応えがあります。また、料理に使うことで、食べたときに良いアクセントになるでしょう。

3. 容量で選ぶ

ピーナッツバターは賞味期限が長い食品ですが、開封後は時間の経過とともに酸化して味が落ちていきます。そのため、使う量を考えて容量で選ぶのがおすすめです。

一人暮らしの方や、パンに塗って食べるだけで少量ずつ使用する場合は、通常サイズやミニサイズのピーナッツバターを購入すると良いでしょう。

一方で、家族が多かったり料理にも使用したりする場合は、大容量タイプの商品がおすすめ。

おすすめのピーナッツバター3選を紹介

瓶に入ったオーガニックのピーナッツバターここまでお伝えしてきたポイントを踏まえて、オーガニックのピーナッツバターを選ぶことで、満足度の高い商品を手にすることができるでしょう。

しかし、選び方のコツを理解しても、どの商品を選ぶべきか迷ってしまう人もいると思います。そこで、ここからはおすすめの商品を3つご紹介します。

ホールアース|オーガニック ピーナッツバター

ホールアースの商品は、クランチタイプのピーナッツバターです。有機栽培されたピーナッツのみで作られています。

添加物・保存料のほか、砂糖や塩も加えられていません。したがって、ピーナッツそのものの味と、カリカリとした食感を楽しむことができるでしょう。お菓子づくりにもぴったり。

また、イギリスで最大のオーガニック認証機関といわれている「Soil Association Certification(ソイル・アソシエーション・サーティフィケーション)」の認証を取得しています。さらに、厳しい基準が設けられている「EU 有機(オーガニック)認証」も付与されていることから、安心して口に入れることができるでしょう。

ホールアース|オーガニック ピーナッツバター

アリサン|ピーナッツバタースムース

アリサンのピーナッツバタースムースも、おすすめの商品の一つです。アリサンは、主にオーガニックの食品を取り扱っている食品会社です。提供しているすべての食品がベジタリアン対応。

そんなアリサンの提供するピーナッツバタースムースは、有機JASマークを取得している商品です。安定剤や乳化剤が一切使われていません。

スムースタイプの商品なので、パンにも塗りやすく、小さなお子さんも食べやすいでしょう。ドレッシングやソース、料理の隠し味に使っても良いですね。さまざまな料理に使いたい方は、3個セットや6個セットで購入するのがお得です。

アリサン|ピーナッツバタースムース

クリアスプリング| 有機ピーナッツバター・クランチ

最後のおすすめ商品は、クリアスプリングの 有機ピーナッツバター・クランチ。

クリアスプリングは、イギリスの食品会社です。「世界中すべての人たちが健康的な食生活を送るために、良質なオーガニック食品にアクセスできる」をモットーに掲げ、厳選した原材料を使って安心できる食品作りを行っています。

クリアスプリングの有機ピーナッツバター・クランチは、塩味のピーナッツバターです。グルテンフリーでヴィーガンにも対応しています。

炒め物や麺類のほか、クッキー・ケーキ・マフィン・アイスクリームなどのお菓子作りにもぜひ使ってみてくださいね。

クリアスプリング| 有機ピーナッツバター・クランチ

オーガニックのピーナッツバターで素材の味を楽しもう!

イチゴとオーガニックのピーナッツバターこのページでは、オーガニックのピーナッツバターの特徴や選び方のコツ、おすすめ商品について紹介しました。

オーガニックのピーナッツバターは、化学農薬や化学肥料に頼らず、丁寧に育てられた有機ピーナッツで作られています。中には添加物を使っていない商品もあり、美味しいだけでなく、体にもやさしいものであることがわかりましたね。

オーガニックのピーナッツバターが気になる方は、ぜひ一度試してみましょう。あなた好みの商品が見つかりますように!

参考:
【有機農業関連情報】トップ ~有機農業とは~(農林水産省)
有機食品の検査認証制度(農林水産省)

関連するキーワードで他の記事を探す
あわせて読みたい
RECOMMEND