More Nature More Nature
床に置かれた様々な赤ちゃんグッズ

オーガニックのスタイ(よだれかけ)とは? ギフトにもおすすめ商品5選を紹介!

life

2021.04.02

赤ちゃんが誕生したら、必ず必要になるアイテムがスタイ(よだれかけ)です。赤ちゃんの肌はデリケートなので、なるべく肌にやさしい素材でできたものを身につけさせたい、そう考えているお母さんたちも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、肌にやさしいオーガニックのスタイについて詳しく解説します。出産祝いのギフトを探している方も、ぜひ参考にしてくださいね。

オーガニックのスタイ(よだれかけ)とは? 普通のものとどこが違うの?

アイスクリーム柄のスタイ

まず、オーガニックのスタイと普通のスタイの違いについてお伝えします。

オーガニックのものには有機栽培された原料が使われている

普通のスタイには、綿・リネンコットン・フライスなどさまざまな素材が使われています。

それに対して、オーガニックのスタイには、有機栽培された綿花であるオーガニックコットンが使用されています。

有機栽培とは、化学的な農薬・肥料に頼らず、自然界に存在するものを生かした栽培方法のことです。では、オーガニックコットンについては次で詳しく見ていきましょう。

オーガニックコットンとは?

オーガニックコットンとは、3年以上化学薬剤を使用せず、認証機関で認められた畑で有機栽培された綿花のことです。

通常の綿花は、農薬や化学薬品を用いて栽培されています。商品を加工する際も、漂白剤や柔軟剤などの化学薬品が使用されることが多いです。

一方で、オーガニックコットンを栽培する際は、農薬や肥料の使用に関する厳格な基準が定められており、その基準に従って栽培しなければなりません。また、商品を加工する際も、化学薬品の使用に制限があります。

注意|日本にはオーガニックコットンの法的な基準がない

日本では、中小企業基盤整備機構が発行している「オーガニック・コットン表示ガイドライン」があるのみで、オーガニックコットンの公的な認証機関がありません。

一方で、世界ではGOTS認証(オーガニックテキスタイル世界基準)と呼ばれる、国際基準が定められています。そのため、気になる方はGOTS認証を取得している商品を購入すると良いでしょう。

オーガニックのスタイはなぜおすすめなの?

乾されたスタイ

なぜオーガニックのスタイがおすすめなのでしょうか。その理由をお伝えすると共に、デメリットも解説していきます。

比較的安全性が高い|赤ちゃんの肌にも安心

前述したとおり、オーガニックのスタイに使用されるオーガニックコットンは、化学的な農薬や肥料に頼らず栽培されています。また、オーガニックコットン製品の中には、化学物質を一切使わず加工されているものも存在します。

したがって、オーガニックのスタイは比較的安全性が高いといえるでしょう。

少し値段が高めなのがネック…

オーガニックのスタイは、安心して赤ちゃんに身につけさせることができますが、厳格な基準に沿って作られているため、普通のスタイと比べると値段が高い傾向にあります。

普通のスタイは、安い商品ですと1枚160円ほど。それに対して、オーガニックのスタイは安くても1枚300円以上です。GOTS認証を取得している商品だと、1枚800円以上で販売されています。

オーガニックのスタイを選ぶ3つのポイント

青い色の赤ちゃん用具

オーガニックのスタイを選ぶ際に、押さえておきたいポイントを3つお伝えします。

1. 素材をチェックしよう

まず、気になる商品が見つかったら、オーガニックコットンのみで出来ているスタイなのか、それとも他の素材が含まれている商品なのかをチェックしてみてください。オーガニックのスタイの中には、オーガニックコットンだけではなくポリエステルや、通常の綿を含むものも販売されています。

オーガニックコットンのみが使用されているスタイが欲しい場合は、オーガニックコットン100%と表示されている商品を選択しましょう。

2. 形で選ぶ

オーガニックのスタイには、さまざまな形のものがあります。たとえば、定番の胸元を覆うU型タイプのほか、バンダナ型のものや、首周りすべてをカバーする丸型タイプなど。

バンダナ型のスタイは、よだれをしっかりキャッチしてくれるので、よだれが多い赤ちゃんにおすすめ。丸型のスタイは、かわいいフリルのものなどオシャレな商品が多いので、女の子のお母さんたちに人気です。

3. 月齢に合わせて選ぶ|首周りのサイズ

赤ちゃんの月齢に合ったスタイを選択してください。たとえば、リボンや紐タイプのスタイは、新生児には向いていません。首が締まってしまう恐れがあるので、避けた方が良いでしょう。

よだれが多い4~5ヶ月頃の赤ちゃんには、厚みがある大きなスタイがおすすめです。生後6ヶ月以降からは出かける機会も増えると思うので、ファッション性のあるオシャレなスタイを用意しても良いでしょう。

また、赤ちゃんの首周りのサイズに合ったスタイを購入してください。新生児は首周りのサイズが20cmのもの、生後3~6ヶ月の赤ちゃんは24cm~30cmのものが目安になります。首周りのサイズがぴったりのものではなく、指1本分の余裕があるサイズのものを購入しましょう。

4. 留め具で選ぶ

留め具の種類でスタイを選ぶのもポイントです。留め具には、主に以下の3種類があります。

  • スナップボタン
    留めやすく、サイズを調整できるのがメリット。ただし、プラスチックではなく金属製のボタンの場合は、肌への刺激が強く赤ちゃんの肌に合わない可能性もあります。
  • マジックテープ
    装着やサイズ調整しやすいタイプの留め具ですが、マジックテープが肌に触れると、肌を傷つけてしまう可能性があるので注意が必要です。
  • リボン・紐
    前述したとおり、リボン・紐タイプのスタイは新生児は避けた方が良いですが、月齢の高い赤ちゃんならOKです。サイズ調整しやすいのがメリット。

出産祝いのプレゼントにも! おすすめ商品5選を紹介

かわいいデザインのスタイ

ここまでは、オーガニックのスタイを購入する際のポイントをお伝えしました。上記のポイントを押さえてスタイを選ぶことで、納得いく商品を手にすることができるでしょう。

しかし、数ある商品の中でどれを選べば良いのか分らず、悩んでいる方もいるかもしれません。そこで、出産祝いのプレゼントにもぴったりの、おすすめの商品を5つ紹介します。

YOOFOSS|スタイ8枚セット

バンダナ型で表面部分がオーガニックコットン100%の商品です。厚手の生地で吸収力抜群ですので、よだれが多い赤ちゃんにおすすめ。

3段階で調整できるスナップボタンタイプのスタイで、0歳から3歳までのお子さん向けの商品です。女の子用と男の子用の商品が販売されています。また、オーガニックのスタイにも関わらず、1枚あたり200円以下と価格が安いのも魅力です。

YOOFOSS|スタイ8枚セット(男の子)
YOOFOSS|スタイ8枚セット(女の子)

wataboushi|オーガニックベビー ワンタッチ スタイ

オーソドックスなU型のスナップボタンタイプのスタイです。オーガニックコットン100%の商品で、加工の際は最低限の化学薬品しか使われていないので、肌への刺激が少ないのがポイント。

表面には肌にやさしいガーゼ、裏面にはこぼれたミルクを吸水してくれるパイル生地が使用されています。通気性が良く、乾いやすいのが良いですね。

wataboushi|オーガニックベビー ワンタッチ スタイ

Louple|オーガニック防水スタイ 2枚入り

こちらは丸型のオーガニックコットン100%のスタイです。留め具にはスナップボタンが使われています。スタイの裏面には防水性のある生地が使用されており、ガーゼが6重構造になっているので、しっかりよだれを吸水してくれます。

見た目が派手過ぎず、やさしい色合いでかわいらしいデザインが魅力です。

Louple|オーガニック防水スタイ 2枚入り

丸昌|オーガニックコットンくまさんスタイ

オーガニックコットン100%で作られた、U型のマジックテープタイプの商品です。新生児用のスタイで、伸縮性の高い生地が使われています。肌ざわりも良いので、赤ちゃんも快適に過ごせるでしょう。

生地に黒い斑点がついていることがありますが、これは加工の際に化学処理がされていない印です。留め具に使用されているワンポイントのクマさんがかわいらしいですね。

丸昌|オーガニックコットンくまさんスタイ

PRISTINE|くまスタイ

こちらも、オーガニックコットン100%の商品です。海外のオーガニックファームで栽培されたオーガニックコットンが使われています。スタイの留め具はリボンタイプで、形はU型。パイル生地が用いられており、肌ざわりが良いのが魅力です。

大きなクマさんがとてもかわいらしく、プレゼントにもぴったりです。男の子と女の子の両方に使えるでしょう。

PRISTINE|くまスタイ

赤ちゃんに安心な肌触りのオーガニックを選ぼう!

白いスタイと靴

このページでは、オーガニックのスタイについて詳しくお伝えしました。オーガニックのスタイには、自然の力で丁寧に育てられたオーガニックコットンが使用されています。さらに、化学薬品も極力使わずに加工されているため、肌にやさしいのが魅力。

普段遣いはもちろんですが、出産祝いのプレゼントにもおすすめです。最後に紹介しましたおすすめ商品を参考にしていただき、素敵なスタイを選んでくださいね。

関連するキーワードで他の記事を探す
あわせて読みたい
RECOMMEND