More Nature More Nature
クルミが入ったオーガニックのデーツ

オーガニックデーツは普通のものとどこが違うの? 選ぶポイントとおすすめ商品2選を紹介!

eat

2021.02.17

栄養価が高く美容にも良いといわれるドライフルーツ。健康のためや美容のために、積極的に摂取している方も多いのではないでしょうか。

ドライフルーツの中でも特におすすめなのが、あらゆる栄養素が豊富に含まれているオーガニックデーツです。そこで今回は、オーガニックデーツの特徴や選び方のポイントなどについて詳しくお伝えします。後半では、MoreNature編集部が厳選した商品も紹介しますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

オーガニックデーツとは? 普通のものとどこが違うの?

オーガニックの デーツと木のうつわオーガニックデーツの特徴や、普通のデーツとの違いについて解説していきます。ではまず、そもそもデーツとはどのような食品なのかについて触れていきましょう。

デーツ(なつめやしの実)とは?

デーツは、中近東諸国やアメリカにて生産・輸出されているドライフルーツのことです。栄養価が非常に高く「妊婦は1日に3個のデーツを食べると健康な子どもが産まれる」ということわざがあるほどです。

鉄分・カリウム・食物繊維が豊富なので、貧血やむくみ、便秘で悩んでいる方におすすめ。他にも、ミネラルやカルシウムなどさまざまな栄養素が含まれています。脂質が少ないので、ダイエット中のおやつにも良いですね。

デーツは羊羹や干し柿の味に似ており、甘みが強いです。そのまま食べてもおいしいですが、お菓子作りや料理の際に砂糖代わりに使うこともできます

オーガニックデーツ|有機栽培されたデーツ

オーガニックデーツとは、有機栽培されたデーツのことです。有機栽培とは、化学農薬や化学肥料、遺伝子組み換え技術を使わず、自然の力で作物を育てる農業のことをいいます。つまり、オーガニックデーツは普通のデーツよりも、手間ひまかけて丁寧に栽培されているのです。

ドライフルーツにする加工の過程にも規定がある

オーガニックデーツは、ドライフルーツに加工する過程においても、オーガニックと呼ばれるための規定が定められています。たとえば、

  • 化学的に合成された薬剤や添加物を基本的には使わない
  • 原材料の95%以上が有機原料でなければならない(水・食塩を除く)
  • 殺菌剤や洗浄剤などによる汚染を防ぐ必要がある

などの厳しい基準を守りながら加工しなければなりません。

有機認証基準をクリアして販売されている|有機JAS

オーガニックデーツは、有機認証基準を満たした商品です。日本では、「有機JAS」と呼ばれるオーガニックの認証制度があり、登録認証機関が認証した事業者にのみ有機JASマークが付与されます。「オーガニック〇〇」「有機〇〇」といった商品名にするためには、この有機JASマークを取得しなければならないことが法律で定められています

オーガニックデーツのメリット・デメリットとは?

オーガニックのデーツとミントの葉オーガニックデーツが、手間ひまかけて作られている食品であることが分かりましたね。ここからは、オーガニックデーツのメリットとデメリットについてお伝えします。

オーガニックデーツのメリットとは?

ここでは、オーガニックデーツのメリットについて解説していきます。

安全性が比較的高い

前述したとおり、オーガニックデーツは有機栽培にて化学的な農薬や肥料を使用せず、丁寧に栽培されています。さらに、ドライフルーツに加工する過程においても厳格な規定が定められています。そのため、比較的安全性が高く、安心して食べることのできる食品といえるでしょう

オーガニックデーツのデメリットとは?

つづいて、オーガニックデーツのデメリットについてお伝えします。

流通数が少ないので自分好みのデーツが選べないことも

オーガニックデーツをはじめ、有機栽培で育てられた作物は、一般的な農法よりも収穫量が少ない傾向にあります。収穫量が少なければ流通数も減ってしまうので、自分好みのデーツが選択できないこともあるかもしれません。

オーガニックデーツを選ぶポイントを解説!

オーガニックのデーツと紅茶オーガニックデーツを選ぶ際に、押さえておきたいポイントは以下のとおりです。

  • 認証マークをチェックする
  • 品種で選ぶ
  • 容量で選ぶ

では、それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

1. 認証マークをチェックしよう

オーガニックデーツを選ぶ際は、認証マークをチェックしましょう。先ほどお伝えしたとおり、日本では有機JASマークと呼ばれるオーガニックの認証マークがあります。海外では、

  • USDA(アメリカ)
  • ECOCERT(エコサート / フランス)
  • EUオーガニック(ヨーロッパ)

などのオーガニック認証機関が存在し、それぞれの機関に厳しい規定が設けられています。気になる商品を見つけたら、上記の認証マークが付与されているかぜひ確認してみてください

2. 品種で選ぶ

オーガニックデーツには、「マジョール種」「ディグレット(デグレット)種」の商品があります。それぞれについて以下で詳しく解説していきます。

マジョール種

主にアメリカで栽培されている品種です。大粒で水分を多く含み、濃厚な甘さが特徴のマジョール種。そのまま食べるとねっとりとしており、干し柿に似た食感を味わえます。

マジョール種のデーツは甘みが強いので、お菓子作りにぴったりです。デーツを使ってお菓子を作りたいと思っている方は、マジョール種のデーツを選択すると良いでしょう。

ディグレット(デグレット)種

ディグレット(デグレット)種は、アメリカやイランにて生産されている品種です。水分をあまり含まず、弾力があってフルーティな香りが特徴

ディグレット種のデーツは、マジョール種など他の品種と比較すると甘さが控えめなので、そのまま食べるのがおすすめです。ドライフルーツ感覚でデーツを食べたいと思っている方や、強い甘味が苦手な方ディグレット種を選ぶと良いでしょう。

3. 容量で選ぶ|購入する時のポイント

オーガニックデーツを購入する際は、使う頻度に合わせて容量で選ぶのもポイントです。

前述したとおり、デーツは栄養価の高い食品です。そのため、栄養補給目的でデーツを購入したいと思っている方も多いでしょう。栄養補給するために、毎日数粒食べたいと思っている方は大容量の商品を選択するのがおすすめです。

毎日食べるのではなく、お菓子作りや料理の際に少しずつ使いたい方は、小容量の商品を選ぶと良でしょう。

おすすめのオーガニックデーツ2選を紹介

オーガニックのデーツとスプーンここまでは、オーガニックデーツを購入する際に、押さえておきたいポイントについてお伝えしました。上記の3つのポイントを踏まえて商品を選んでくださいね。

しかし、オーガニックデーツを試してみたいと考えている人の中には、どんな商品が人気なのか知りたいと思っている方もいるかもしれません。そこで、おすすめのオーガニックデーツを2つご紹介します。

アリサン|有機なつめやし・マジョール

まず一つ目のおすすめ商品は、「満足感があっておいしい」「食べごたえがある」と評判のアリサンのオーガニックデーツです。アリサンは、主にオーガニック食品を販売する食品会社です。デーツのほか、オートミール・ピーナッツバター・ヴィーガン食品などさまざまな食品を取り扱っています。

そんなアリサンのオーガニックデーツは、アメリカ産の種があるタイプの商品です。有機JASマークを取得しているため、安心して口に入れることができるでしょう。マジョール種のデーツですので、甘みが強くお菓子作りにもぴったりです。カレーを作る際にチャツネの代わりに使ったり、シチューに加えたりするなど料理にも使えますよ

1kgの大容量タイプの商品ですので、毎日デーツを食べたいと思っている方に特におすすめ。200gの商品も販売されているので、時々使いたい方はこちらを選ぶと良いでしょう。

ナチュラルキッチン|オーガニック デグレットデーツ(種抜き)

2つ目はナチュラルキッチンの商品です。ナチュラルキッチンは、アメリカ・カナダ・オーストラリアなど世界各国の厳選有機素材を使った商品を取り扱っており、ドライフルーツやナッツ、オーガニック加工品などを提供しています。

ナチュラルキッチンのオーガニックデーツは、アメリカ産の種なしタイプの商品です。ディグレット(デグレット)種のデーツで、上品な甘さが特徴強い甘さが苦手な方でもおいしくいただけるでしょう。

また、あらかじめ切れ目が入っているので、ナッツ類やチョコレート、チーズなどを挟んで食べるのに便利ですよ。ダイエット中のおやつやお酒のお供に、ぜひ食べてみてくださいね。

自分好みのオーガニックデーツを見つけよう!

木のトレーにのったオーガニックのデーツこのページでは、オーガニックデーツについて詳しくお伝えしました。オーガニックデーツは、栽培時や加工時に厳格な基準をクリアした食品です。そのため、安心して食べることができるでしょう。妊婦さんや子どもさんのおやつにもおすすめです。

オーガニックデーツが気になる方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。先ほどお伝えしたポイントやおすすめ商品を参考にしながら、あなた好みのオーガニックデーツを探してみてくださいね。

参考:
【有機農業関連情報】トップ ~有機農業とは~(農林水産省)
有機食品の検査認証制度(農林水産省)
有機農産物の日本農林規格(農林水産省)
有機加工食品の日本農林規格(農林水産省)

関連するキーワードで他の記事を探す
あわせて読みたい
RECOMMEND