More Nature More Nature
オーガニックのレモン

オーガニックのレモン果汁はどこが違うの? 選ぶポイントとおすすめ商品4選を紹介!

eat

2021.01.29

料理やお菓子作りなどにレモン果汁を使う方も多いはず。普段、どのようなレモン果汁を使用していますか?

さまざまなタイプが市販されているレモン果汁には、オーガニックの商品があります。そこで、オーガニックのレモン果汁とはどんなものなのか、特徴やメリット・デメリットをお伝えしましょう。後半では、具体的な商品もご紹介します。

オーガニックのレモン果汁とは? 普通のものとどこが違うの?

摘み取られるオーガニックのレモンオーガニックのレモン果汁は、普通のレモン果汁と何が違うのでしょうか。詳しく解説します。

有機栽培されたレモンが原材料に使用されている

オーガニックとは「有機」や「有機栽培」のことをいいます。オーガニックのレモン果汁には、有機栽培されたレモンが原材料に使われているのが特徴です。普通のレモン果汁には、有機栽培レモンは使用されていません。

有機栽培ってどういうもの?

有機栽培は「有機農法」ともいいます。日光・水・土といった自然の力をフル活用し、化学的な農薬や化学肥料を使わずに農作物を育てる方法です。

つまり、有機栽培では、害虫を駆除するのに除虫剤をまいたり、草を取り除くのに除草剤を使ったりしません。そのため、普通の農業に比べて手間がかかります。

有機認証基準をクリアしている|有機JAS

日本には「有機JAS」というオーガニックの規格があり、認証機関によってオーガニックであることを認めてもらう必要があります。

「有機」や「オーガニック」と名乗ることができるのは、有機JASの認証を受けてから。有機認証の基準はとても厳しく、オーガニックのレモン果汁はきちんと基準をクリアして販売されているのです。

有機認証されるためには加工にも規定がある!

有機JASは、農産物・加工食品・飼料・畜産物の4部門で基準が設けられています。レモン果汁は加工食品に該当。原材料の栽培方法だけでなく加工の過程でも規定があり、クリアしないと「オーガニック」と表示することができません。

保存料や香料などが無添加であるものが多い

多くのオーガニックの商品は、安全性に配慮されています。そのため、オーガニックレモン果汁は、保存料や香料などが入っていない「無添加」のものが多いです。ただし、普通のレモン果汁にも無添加の商品があります。

なお、無添加とは添加物を一切使用していないという意味ではありません。無添加と書かれていても一部の添加物が含まれている場合もあるので、添加物が気になる方は購入前に原材料をチェックすると安心です。

オーガニックのレモン果汁を選ぶメリットとは?

ナイフでカットされたオーガニックのレモン次に、オーガニックのレモン果汁を選ぶメリットと注意したい点について解説しましょう。

安全性が高めなので安心して料理やお菓子に使える

前の見出しでお伝えしたように、オーガニックレモン果汁は厳しい認証基準をクリアしています。さらに、添加物が使われていない商品も多いため、比較的安心して口に入れることができるでしょう。

オーガニックのレモン果汁にもデメリットはある?

オーガニックレモン果汁のデメリットとしては、比較的価格が高めであることが挙げられるでしょう。たとえば、同じメーカーの普通のレモン果汁は450mlで430円、オーガニックレモン果汁は120mlで300円程度で販売されています。

比べてみると、普通のレモン果汁が1mlあたり1円弱、オーガニックレモン果汁が1mlあたり約2.5円と、オーガニックのほうが2.5倍以上高いことがわかりますね。

オーガニックのレモン果汁を選ぶポイントを解説!

オーガニックのレモン果汁を使った飲み物オーガニックのレモン果汁を選ぶときは、どんな点に注目すればいいのでしょうか。

1. オーガニックの認証マークをチェックしよう!

有機JASマークなど、オーガニックの認証マークがあるかどうかをチェックしましょう。

海外産のレモン果汁の場合、海外のオーガニック認定を受けている商品もあります。有機認証のマークは国や地域の認証機関によって異なるので、海外の有機認証マークが付いている商品でも良いでしょう。

2. 産地で選ぶ|外国産・国産

国産か外国産かという、レモンの産地で選ぶ方法もあります。国産オーガニックレモンは生産量が少ないため、海外ものに比べてやや高めの傾向です。

また、海外で有機栽培されたレモンを輸入して、日本で果汁に加工して販売しているパターンや、海外で生産されたオーガニックレモン果汁を輸入販売している場合もあります。

3. 容量で選ぶ

オーガニックのレモン果汁には保存料が入っていないものが多いので、あまり使わない場合、早く使い切れるように内容量が少ないものを選びましょう。

ドレッシング用や調味料、お菓子作りのときなど、たっぷり使うなら大容量のタイプでもいいですね。

おすすめのオーガニックレモン果汁4選を紹介!

瓶に入ったオーガニックのレモンオーガニックレモン果汁はスーパーなどで売られていることもありますが、近所では見かけないという方もいるでしょう。そこで、インターネットで買えるおすすめ商品を4つご紹介します。

テルヴィス|オーガニック レモン果汁

「シチリアレモン」という言葉を聞いたことがある方も多いことでしょう。レモンの名産地、イタリアはシチリア島で有機栽培されたレモンの果汁100%です。

ストレート果汁なので、保存料などの添加物はゼロ。レモン本来の爽やかな酸味や鼻を抜けるような香りを楽しめるでしょう。内容量は150ml、300ml、700ml、1000mlの中から選べます。

光食品|オーガニック レモン果汁

テルヴィスの商品と同じく、イタリア・シチリア産の有機レモン果汁。添加物は一切加えず、ストレートの状態で販売されています。

そのまま料理やお菓子作りに使うのもいいですし、水や炭酸水で割ってハチミツを加えたドリンクを作ったり、焼酎やチューハイに混ぜたりといろいろな活用法があります。お好きなアレンジでお楽しみください。

オーサワジャパン|有機レモン果汁(スペイン産)

スペインのムルシア州で有機栽培されたレモンのストレート果汁。着色料や酸化防止剤など、食品添加物はまったく使われていないので、添加物フリーの生活を心がけている方も安心して口にできます。

香り高く豊かな味わいのレモン果汁なので、マリネの酢として使ったり、揚げ物にかけてさっぱり頂いたりと、料理の味がグレードアップするでしょう。

光食品|国産有機レモン果汁(天然果汁100%)

国産有機レモンが使用されている有機JAS認定の天然ストレート果汁です。

香料、着色料、保存料、酸化防止剤も使われておらず、先ほどのイタリア・シチリア産の物に比べればやや割高ですが、味にこだわるならこちらがオススメ。

無茶々園|れもんストレート果汁

気候の関係上、日本では栽培が難しいとされるレモンですが、無茶々園では近年本格的なレモン栽培を開始。愛媛県で育った国産レモンを果汁が豊富な1~3月ごろに収穫し、丸ごと搾っています。

こちらのれもんストレート果汁は有機JAS認定は受けていませんが、有機農業に力を入れている無茶々園がなるべく有機に近い状態で生産から加工まで行っている、品質の高い商品です。

オーガニックのレモン果汁を料理に取り入れよう!

黄色いオーガニックのレモンオーガニックのレモン果汁は、肥料や農薬などに化学の力を用いず、丹精込めて育てられたレモンを原料に、絞る過程や瓶・パック詰めの段階でもしっかりと配慮を行って作られています。

手間と愛情をかけて製造されているので、消費者側としても安心安全な商品を口にできるというわけですね。

使い方もアイデア次第で広がっていきそうです。お好みの方法で、オーガニックレモン果汁を存分に味わってみてはいかがでしょうか。

関連するキーワードで他の記事を探す
あわせて読みたい
RECOMMEND